(2018/10/04追記)
講演会は終了いたしました。おかげさまで沢山の皆様にご参加頂きました。ありがとうございました。

会期: 平成30年10月3日(水)13:00〜17:20 (受付12:30〜)
会場: 機械振興会館ホール(地下2階)
     東京都港区芝公園3-5-8

主催: 国立研究開発法人 産業技術総合研究所
共催: 産業技術連携推進会議 環境・エネルギー部会
後援: (一社)産業環境管理協会、(一社)資源・素材学会、(一社)日本環境化学会、(一社)日本規格協会、
    (公社)日本化学会、(公社)日本分析化学会 、(公社)日本水環境学会、環境資源工学会
    (法人別五十音順)

協賛: (公社)化学工学会
開催趣旨: 
産総研では、「産総研水プロジェクト」として、所内の水に関わる研究者を集結することにより計測技術、対策技術、評価技術を外部に「見える化」させ、産業貢献を目指し外部機関との連携ならびにアジアを中心に海外展開を考えている企業に対する水ビジネスのサポートなどを推進してきました。ご存じのように国連の持続可能な発展目標(SDGs)の6番目にも「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」ことが謳われており、水に関連する技術開発は世界的にますます重要になっています。一方、水資源を比較的豊富に利用でき、対策が適切に行われている日本では水リスクをあまり実感しないところですが、実際には数多くの技術相談がよせられており、技術的に改善の余地があることを認識させられます。
今回の講演会では、水を対象とした技術開発の重要性を再認識すべく、水を取り巻く現状、そして実際に必要とされる水処理技術、水質を評価するために重要な標準化について、各方面でご活躍の外部の講師に最新の研究動向を講演いただくとともに、環境管理研究部門を中心に産総研が行ってきた水プロジェクトの研究成果を発表します。

参加要項:

参加費:無料
定員:200名(定員になり次第締切)


プログラム:

時間 講演名 所属 氏名
13:00-13:05 開会の辞 産業技術総合研究所(産総研) 理事/エネルギー・環境領域 領域長 小林 哲彦
13:05-13:15 研究発表1
「産総研 水プロジェクト活動報告」
産総研 環境管理研究部門 副研究部門長 尾形 敦
13:15-13:50 特別講演
「サントリーの水科学研究」
サントリー グローバルイノベーションセンター株式会社 水科学研究所 渡邊 礼治
13:50-14:10 研究発表2
「水辺環境(水質)とブルーカーボン:浅海生態系の修復と創生技術」
産総研 環境管理研究部門 海洋環境動態評価研究G
港湾空港技術研究所 沿岸環境領域 沿岸環境研究G
鈴村 昌弘/
桑江 朝比呂
14:10-14:30 研究発表3 
「サプライチェーンに潜む水利用に関わるビジネスリスクの分析」
産総研 安全科学研究部門 社会とLCA研究G 本下 晶晴
14:30-14:45 休憩
14:45-15:20 特別講演 
「JOGMECプロセスを用いた坑廃水処理について」
独立行政法人 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)金属資源技術研究所 濱井 昂弥
15:20-15:40 研究発表4 
「高感度同位体追跡法(SIP)により見出された廃水処理の中核微生物群」
産総研 環境管理研究部門 環境微生物研究G 堀 知行
15:40-16:00 研究発表5
「東南アジア諸国における農村部の飲料水事情とその飲料水環境改善に向けた光触媒技術適用の可能性」
産総研 環境管理研究部門 水環境技術研究G 根岸 信彰
16:00-16:35 特別講演 
水質分析法の国際標準化の動向と日本の取り組み
一般社団法人 産業環境管理協会 環境管理部門 国際協力・技術センター 大野 香代
16:35-16:55 研究発表6
「水中有害金属の化学形態別分析法の開発と標準化」
産総研 環境管理研究部門 環境計測技術研究G 重田 香織/中里 哲也
16:55-17:15 研究発表7 
「ペルフルオロアルキル化合物一斉分析技術の国際標準規格化」
産総研 環境管理研究部門 海洋環境動態評価研究G 谷保 佐知
17:15-17:20 閉会の辞 産総研 環境管理研究部門 研究部門長 田中 幹也
 

問い合わせ先:

産業技術総合研究所 環境管理研究部門 研究発表会事務局
 Eメール:emri-2018touroku-ml@aist.go.jp 

会場の問い合わせ先:
機械振興会館 電話03-3434-8216〜7


 環境管理研究部門ホームページ