ダイバーシティ推進室ダイバーシティ推進室

 > 組織 > ダイバーシティ推進室 > 科振費「女性研究者グローバルエンカレッジング」 > -実施支援・その他-

科振費 「女性研究者グローバルエンカレッジング」-実施支援・その他-

実施支援

意欲触発ページへ

ダイバーシティ・サポート・オフィス(DSO)ページへ

ノウハウの共有

 女性研究者支援に関する産総研のノウハウ、たとえば男女共同参画宣言、育児特別休暇をはじめとする多種多様な制度、一時預かり保育施設の導入および運営に関すること、といったノウハウを蓄積しています。そして、ダイバーシティ・サポート・オフィス(DSO)参加機関に求めに応じて発信しています。また、 DSO参加機関からもノウハウを発信していただき、蓄積・共有化を図っています。

 ※ご注意:「写真」は、育児と仕事を両立しながら産総研で働く職員および契約職員を対象としたものです。産総研外の一般の方への出産保育支援制度ではありませんのでご注意下さい。

産総研の一時預かり保育施設

次世代育成

 女性研究者を増やすには、理系離れを減らし、理系を選ぶ女性の割合を増やす必要性があります。そこで、10代の女性にサイエンスに興味を持っていただき、理系進学を魅力的と思ってもらうことを目指したWebを構築しています。

その他

トピックス/関連資料

参考資料 科振費提案課題 概要(PowerPoint資料) PDF版(86KB)

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 総務本部 ダイバーシティ推進室

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第1事業所(つくば本部・情報技術共同研究棟7階)
電話:029-862-6418 FAX:029-862-6882 Eメール:
* 2011年10月 組織名が「男女共同参画室」より「ダイバーシティ推進室」へ変わりました。