ダイバーシティ推進室 ダイバーシティ推進室

 >  組織  >  ダイバーシティ推進室  >  イベント案内  >  女子大学院生・ポスドクのための産総研所内紹介と在職女性研究者との懇談会 [2019.11.18-19]

>> English
 
女子大学院生・ポスドクと産総研女性研究者との懇談会 [2019.11.18-19](タイトル画像)
  産業技術総合研究所(産総研)は、日本最大級の公的研究機関です。 全国に研究拠点があり、その中でも特に多くの研究者が働くつくばセンターでは、毎年秋に女子大学院生やポスドクを主な対象としたイベントを開催しています。
研究職について具体的なイメージを持ってもらうことを目的に、人事・採用・キャリア制度の説明、少人数グループでの女性研究者との懇談会、7つの研究領域ごとに分かれたラボツアー等を実施します。
第一線で働く産総研の女性研究者と直接対話できる機会ですので、是非ご参加ください。

 

今年の開催案内

【 日 付 】 2019年11月18日(月)― 2019年11月19日(火)  
【 場 所 】 産業技術総合研究所 つくばセンター中央 (茨城県つくば市梅園1-1-1)
  *アクセス案内
 
【 対 象 】 女子大学院生・ポスドク 等 (事前申込制、先着60名)  
【 参 加 費 】 無料  (交流会費は1000円程度を予定しています)
 
注目ポイント ラボ見学ツアーおよび懇談会には、産総研 全7領域 の研究者が参加します。
 A:エネルギー・環境領域  B:生命工学領域 C:情報・人間工学領域 D:材料・化学領域 E:エレクトロニクス・製造領域 F:地質調査総合センター G:計量標準総合センター
 
【 プログラム 】 【11月18日(月)】  
   12:30 受付開始  
   13:00 開会式
開会のご挨拶(ダイバーシティ推進担当理事 加藤一実 理事)
 
   13:30 在職女性研究者紹介、参加者紹介  
   15:30 懇談会  
   17:30 交流会 (19:00まで)  
  【11月19日(火)】  
   09:00 受付開始  
   09:15 ラボ見学ツアー (2コースを選択  
   13:00 講話 (総務本部長 白石重明 理事)
産総研各種制度説明
  (人事制度、イノベーションスクール、
   RA制度・技術研修、ダイバーシティ推進策)
閉会式
 
   15:00 解散  
 

※宿泊案内ご希望の方には、お申し込み時に施設をご案内いたします。
※プログラム内容は一部変更になることがあります。

 
【 お申込み 】

必要事項を申込専用アドレス< 2019-ml@aist.go.jp >へお送りください。
申込締切は 11月14日(木) 17時 です。 締切延長しました。
--------
【氏名】
【よみがな】
【大学院・大学・研究所等】
【学年等】
【宿泊案内希望】
 希望する/希望しない
--------
お申し込み受付後、ラボ見学ツアー詳細が確定しましたら、見学先のご希望を伺う入力フォームをイベント事務局よりメールにてお送りします。ご対応をお願いします。

 
【 お問合せ 】 イベント事務局 diversity-event-office-ml@aist.go.jp  
【 チラシ 】 チラシファイル[PDF]  
【 主 催 】 産業技術総合研究所 総務本部 ダイバーシティ推進室  
【 協 賛 】 一般社団法人 高分子学会、 公益社団法人 日本化学会、一般社団法人 日本光学会、一般社団法人 日本応用数理学会、 公益社団法人 精密工学会、 一般社団法人 電気学会、 公益社団法人 計測自動制御学会、 公益社団法人 日本分析化学会、 公益社団法人 応用物理学会、 公益社団法人 日本セラミックス協会、 公益社団法人 日本金属学会、 一般社団法人 日本機械学会 (順不同)  
 * 本懇談会は平成28年度科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」によるものです。
 * 随時、このページは内容を更新予定です。
【 参考情報 】 □ 2018年11月「女子大学院生・ポスドクと産総研女性研究者との懇談会」開催報告
□ 2017年11月「女子大学院生・ポスドクと産総研女性研究者との懇談会」開催報告
 
     

【19日午前】ラボ見学ツアー ― お申し込み後、2コースをお選びいただきます ―

ラボ見学ツアー 領域リンク
A. エネルギー・環境領域
エネルギー・環境領域では2つの研究グループを見学します。エネルギー貯蔵技術グループでは、環境にやさしい電気エネルギーの有効利用の研究を行っており、電気エネルギーを貯蔵可能な新物質の探索や貯蔵技術の研究について紹介します。爆発安全研究グループでは、火薬類等の安全性評価研究を行っており、大規模野外爆発実験による爆発影響評価と低減化技術の研究成果が法令改正等にどのように役立っているのかをご紹介します。
領域ロゴ
B. 生命工学領域
生命工学領域では、創薬基盤技術の開発から、動物・植物・微生物による有用物質生産まで、幅広い研究を行っており、2つの研究グループを見学していただきます。ステムセルの研究グループでは、iPS細胞や神経細胞の培養技術や疾患モデルの開発をご紹介いたします。セルメカニクス研究グループでは、1細胞レベルでの機械的特性解析や細胞骨格タンパク質の機能をご紹介いたします。
領域ロゴ
C. 情報・人間工学領域
情報・人間工学領域の最新の研究2件をご紹介いたします。「脳波計測による運転者状態の評価技術」では、脳波計測による、運転者の注意、覚醒度、運転の楽しさ、余力などの状態を評価する技術について、武田研究チーム長がご紹介します。「インフラ維持管理・災害対応ロボット関連技術の紹介」では、近年ロボット化が強く求められている各種インフラ設備の点検、災害現場の調査等に活用できるフィールドロボットについて、神村研究グループ長がデモを交えて紹介します。
領域ロゴ
D. 材料・化学領域
材料・化学領域では「夢の素材で人を巻き込み、グローバルな価値を創る」のビジョンのもと、産業界、経済界、行政、海外研究機関の方々と連携して、「エネルギー」、「資源」、「食料」、「水」問題等の解決のための独自技術の開発を行っています。ラボツアーでは、「スマート材料」、「ナノバイオ材料」の開発でグローバルに活躍している女性研究者の実験室を見学します。材料・化学領域の最先端の研究をぜひお楽しみください!
領域ロゴ
E. エレクトロニクス・製造領域
エレクトロニクス・製造領域では、社会や産業の多様なニーズに対応する革新的な情報処理・通信技術、センシングシステム、製造技術などの研究開発を行っています。ラボツアーでは、コーティング技術の分野で活躍する女性研究者から、極薄の分子コーティングによる表面高機能化および界面機能制御、高機能繊維や電子材料などの機能性材料から生体・医療応用まで、幅広い適用を目指した最先端の表面化学修飾ナノコーティング技術の研究を紹介します。
領域ロゴ
F. 地質調査総合センター
地圏微生物研究グループでは、有機地球化学的手法や微生物学的手法を用いて微生物の分布、多様性、機能、活性を評価し、天然ガス等燃料資源の効率的な開発、地圏の環境保全や利用に資する研究を行っています。
地球化学研究グループでは、地殻表層における地球化学情報の集積・活用を目指し、元素分析の基礎となる地球化学標準試料の作製、および元素挙動解明の基礎となる地球化学図の作成を主なミッションとして研究を行っています。
領域ロゴ
G. 計量標準総合センター
私たちの暮らしを支える製品やサービスは、多様な計測や分析により、品質や安全性が評価・保証されています。計量標準総合センターでは、正確・精密を極める計測・分析技術の研究開発を行うとともに、これを基盤に公的研究機関として国家計量標準の供給を実施しています。今回の見学では、バイオメディカル標準とナノスケール標準の2つの研究グループで、計量標準に係る研究開発について紹介します。
領域ロゴ

昨年の開催報告

 今年も産総研では、女子大学院生・ポスドクの皆さんに、女性研究者としてのキャリアをイメージしていただき、研究職を身近に感じていただくためのイベントを開催しました。全国26の大学・研究機関から46名の参加者を迎えることができました。

 本イベントは、平成28年度より現在の形式となり、つくばセンターでは3年連続の開催となりました。1日目に、女性理事による産総研や自身のキャリア紹介の講演・人事制度等説明・女性在職研究者との懇談会を行いました。2日目には、全7研究領域のラボ見学ツアーと所内見学を行いました。
 参加者からは、「女性研究者に直接話を伺うことのできる機会はあまり無いので、全てのお話が興味深かったです」「自分の将来を考える良いきっかけとなりました」等のコメントが寄せられました。ダイバーシティ推進室では、今後も継続してこのようなイベントを開催していきたいと考えています。

【紹介記事】 □茨城新聞 2018年11月20日記事「女性研究者の魅力伝える 産総研 院生・ポスドク向け懇談会 つくば」
ダイバーシティ・サポート・オフィス(DSO)ニュースレター No.94
GSJ 地質ニュース,8,p.75-77(2019年3月号)

   

アクセス案内

【東京方面および、羽田・成田・茨城空港からのアクセス】
国立研究開発法人産業技術総合研究所 つくばセンター中央  (茨城県つくば市梅園1-1-1)  
【産総研つくば地区周辺図】


1−1.電車をご利用の場合 (つくば駅)
■ つくばエクスプレス(TX)
「秋葉原駅」から45分(快速)。終点「つくば駅」下車。 「つくば駅」からのアクセス方法には、バス(「連絡便(無料)」、「路線バス(片道:280円)」)と「タクシー」がございます。

■ つくば駅から「バス」ご利用の場合
時刻表(連絡便、路線バス共通。含むつくばエクスプレスからの乗り継ぎ)
つくばエクスプレス下り(つくば駅) → 産総研つくば中央(「並木二丁目」バス停) [PDF:180KB]
産総研つくば中央(「並木二丁目」バス停) → つくばエクスプレス上り(つくば駅) [PDF:177KB]

■乗り換え検索(外部サイト)
ジョルダン(外部サイト)
で路線バスを含む乗り換え検索が可能です。 到着地を「並木二丁目」としてご予定の日時で検索してください。
なお、検索結果については、産総研では一切の責任を負いかねますので予め ご了承願います。

 
【つくば駅からの連絡便バス・路線バス・タクシー乗り場】
■ 「連絡便バス」のりば
つくば駅のA3出口より出ていただき、AIST連絡便バス停からご利用ください。 「中央第一前」下車です。

■ 「路線バス」のりば
つくばバスターミナル4番バス停から関東鉄道バス「荒川沖駅(西口)行(並木経由)」、「筑波宇宙センター経由(学園南循環)」または「桜ニュータウン行」にご乗車、「並木二丁目」で下車してください。

■ 「タクシー」のりば
「つくば駅」から「産総研つくば中央」まで約15分です。

 
1−2.電車をご利用の場合 (荒川沖駅)
■ JR常磐線
「上野駅」から60分「荒川沖駅」下車 西口
西口4番のりばから関東鉄道バス「筑波大学中央行」または「つくばセンター行(並木経由)」
に乗車、「並木二丁目」下車、「産総研つくば中央」まで徒歩3分です。
タクシーをご利用の場合「荒川沖駅」から「産総研つくば中央」まで約15分です。

 
2−1.高速バスをご利用の場合
■ 常磐高速バス
「東京駅八重洲南口」から「筑波大学/つくばセンター行」(常磐高速バス 約65分
片道1,200円)に乗車、「並木二丁目」下車「産総研つくば中央」まで徒歩3分です。

※時刻表などの情報はこちらをご参照ください。
ジェーアールバス関東株式会社( http://www.jrbuskanto.co.jp/

 
2−2.空港バスをご利用の場合
■ 空港バス

「羽田空港」・「茨城空港」から「つくばセンター行き」の空港バスに乗車し「並木二丁目」下車、「産総研つくば中央」まで徒歩3分(所要時間:羽田空港から120分、茨城空港から60分)。

「成田空港」から「土浦・つくば行き」の空港バスに乗車し、「つくばセンター」で下車(成田空港から70分)。下車後は「連絡便バス」もしくは「路線バス」をご利用ください。連絡便バス・路線バスについては、 上記の「1−1.電車をご利用の場合(つくば駅)」の「つくば駅から「バス」ご利用の場合」の項目 をご覧ください。



 

 
>> Japanese 
Female Graduate Students Laboratory Tours and Round Table Talk with Women Researchers in AIST

Event Infomation

【 Date and time 】 Nov. 18th 〜 Nov. 19th, 2019  
【 Venue 】 AIST* Tsukuba Central
1-1-1 Umezono, Tsukuba, Ibaraki
* AIST :National Institute of Advanced Industrial Science and Technology
*Access Guide
 
【 Eligible Applicants  】 Female graduate students and postdoctoral fellows
(We accept about 60 applicants.)
 
【 Registration Fee  】 Free (Buffet Party fee is about 1,000yen.)
 
Contents ・ Introduction to AIST (employment, technical training and RA system, etc.)
・ Round table talk with women researchers
・ Laboratory tours (All of 7 departments will join)
 
【 Program 】 【Monday, Nov. 18th 】  
   12:30 Open for registration  
   13:00 Opening session
Opening remarks by vice-president Dr. Kato Kazumi
 
   13:30 Introduction to women researchers  
   15:30 Round table talk with women researchers  
   17:30 Buffet Party (〜19:00)  
  【Tuesday, Nov. 19th 】  
   09:00 Open for registration  
   09:15 Laboratory tours ( Choose 2 courses from A to G. )  
   13:00 Lecture by vice-president Mr. Shiraishi Shigeaki
Introduction to AIST
(employment, technical training and RA system, etc.)
Closing session
 
   15:00 Closing  
  ※Please contact us for your accommodation.
※Some Programs might be subject to change in part.
 
【 Registration deadline 】 Application deadline:  Tuseday, Nov. 5th Thursday, Nov. 14th
Mail to the event reception < 2019-ml@aist.go.jp >. 
--------
【Name】
【University & Graduate school, grade level / Workplace】
【Accommodation information】
 Necessary / Unnecessary
【Explanation in English】
  Perfer to / No
--------
After accepting applications, we will send you an input form such as a lab tour.
 
【 Contact us 】 Event secretariat < diversity-event-office-ml@aist.go.jp >  
【 PDF 】 leaflet [PDF]  
【 Organized by 】 AIST Diversity and Equal Opportunity Office  
【 Cooperated by 】 ・The Society of Polymer Science, Japan (SPSJ)
・The Chemical Society of Japan (CSJ)
・General Incorporated Association The Optical Society of Japan (OSJ)
The Japan Society for Industrial and Applied Mathematics (JSIAM)
・The Japan Society for Precision Engineering (JSPE)
・The Institute of Electrical Engineers of Japan (IEEJ)
・The Society of Instrument and Control Engineers (SICE)
・The Japan Society for Analytical Chemistry (JSAC)
・The Japan Society of Applied Physics (JSAP)
・The Ceramic Society of Japan (CerSJ)
・The Japan Institute of Metals and Materials
・The Japan Society of Mechanical Engineers (JSME)
 
  *

This event is supported by Japan Science and Technology Agency (JST).

 
     

【9:15〜12:00 Tuseday, Nov. 19th 】Laboratory tours
You can choose 2 courses from 7 courses (A〜G).

 A. Energy and Environment
領域ロゴ
  B. Life Science and Biotechnology
領域ロゴ

  C. Information Technology and Human Factors
領域ロゴ
D. Materials and Chemistry
領域ロゴ
 E. Electronics and Manufacturing
領域ロゴ
 F. Geological Survey of Japan
領域ロゴ
 G. National Metrology Institute of Japan
領域ロゴ
 

Access Guide

【 Traffic Guide 】
 
【Guide Map】

【TRAIN】 USING TSUKUBA EXPRESS (TX)

 Take a train (rapid service, 45 min. or semi-rapid service, 52min.) from Akihabara Station and get off at Tsukuba Station (next to the Tsukuba Center Bus Terminal).
Take exit A3 for public transportation or take exit A3 for AIST shuttle bus.

*From Tsukuba Center Bus Terminal, you can take public bus, taxi, or AIST shuttle bus.

1. Public bus: Take the Kanto Tetsudo bus going to “Arakawaoki Station (West Entrance) via Namiki” or “Ami Chuo Kominkan” from platform #4 at Tsukuba Center Bus Terminal. Get off at “Namiki 2-chome (namiki nì-chomé)” . Walk 3 minutes to AIST Tsukuba Central.

2. Taxi: Take a taxi at Tsukuba Center Bus Terminal. It takes approximately 15 minutes and it costs about 1,500 yen. 
*If you have any trouble communicating in Japanese with taxi drivers, please show them the Japanese sentence below.
産業技術総合研究所つくばセンター・つくば中央までおねがいします。
(Please take me to the AIST Tsukuba Central.)

3. AIST shuttle bus (operated on weekdays): Take a free AIST shuttle bus from a platform for private buses. It stops at AIST Tsukuba West or East before AIST Tsukuba Central. Please note that the shuttle buses are small vehicles and they may not be able to carry all visitors.
> “Timetable of AIST Shuttle Bus”

 
【TRAIN】 USING JR JOBAN LINE

 Take the train from Ueno (approximately 60 min.) and get off at Arakawaoki Station. Take the West exit.

1. Public bus: Take the Kanto Tetsudo bus going to “Tsukuba Daigaku Chuo” or “Tsukuba Center via Namiki” from platform #4 at Arakawaoki Station. Get off at “Namiki 2-chome (namiki nì-chomé)”. Walk for approximately 3 minutes to AIST Tsukuba Central.

2. Taxi: Take a taxi from Arakawaoki Station to AIST Tsukuba Central. It takes approximately 15 minutes.

 
【BUS】 
■ USING HIGHWAY BUSES

 Take a highway bus (co-operated by JR and Kanto Testudo) going to “Tsukuba Center” or “Tsukuba Daigaku (University)” from JR Highway Bus Terminal at Tokyo Station. It will take approximately 65 minutes (depending on traffic conditions) and it costs 1,200 yen for a one-way ticket. Get off at “Namiki 2-chome (namiki nì-chomé)” and walk 3 minutes to AIST Tsukuba Central.
> For further details : “How to get to the AIST Tsukuba from Tokyo Station by Highway Bus”

■ USING AIRPORT BUSES

• Haneda Airport– Tsukuba Center (bus terminal) : Costs 1,900 yen one way, takes approximately 120 minutes

• Narita Airport – Tsukuba Center (bus terminal) : Costs 2,300 yen one way, takes approximately 120 minutes

• Ibaraki Airport– Tsukuba Center (bus terminal) : Costs 1,050 yen one way, takes approximately 60 minutes
> For further details : “How to get to the AIST Tsukuba from Narita International Airport”

 
【CAR】 USING JOBAN EXPRESSWAY

 Take the Joban Expressway to “Sakura Tsuchiura” exit. Go left towards Tsukuba. At the second intersection (called “Sasagi”), turn right. At the third intersection (called “Namiki Nì-chomé”), turn left.

 

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 総務本部 ダイバーシティ推進室

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第1事業所(つくば本部・情報技術共同研究棟7階)
電話:029-862-6418 FAX:029-862-6882 Eメール:
* 2011年10月 組織名が「男女共同参画室」より「ダイバーシティ推進室」へ変わりました。

(2019.08.22よりカウント)