GIC2021年度第71回研修セミナー

2021年7月15日(木)13:30から48名の参加のもとGIC2021年度第71回研修セミナーがWEB開催されました。 当日は、遠藤GIC会長の開会挨拶、平GIC企画委員から企画テーマ「界面活性剤の分子設計に基づく自己組織化の制御」の趣旨説明と故井村知弘氏の研究業績紹介の後に、 故井村知弘氏 追悼セッションとして依頼した「枯草菌が生産するペプチド型界面活性剤・サーファクチンの産業利用」株式会社カネカ R&B本部 新規事業開発部 サーファクチンチーム 柳澤 恵広様、 「Water-in-oil ドロップレットを用いた微生物培養技術の開発」産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 グループ長 野田 尚宏様の2件の講演をいただき、 後半は「界面活性剤が形成する分子集合体の機能性:αゲルの構造と性質の理解」 東京理科大学 理工学部 先端化学科 准教授 酒井 健一先生、 そして「芳香環ミセル:水中で使える便利なナノ道具の開発を目指して」東京工業大学 化学生命科学研究所 教授 吉沢 道人先生による4件の講演がありました。 また、今後のGIC研修セミナー案内時に、会員企業の主催するセミナーや新製品の紹介などの希望があれば、セミナーのプログラムに併せて案内することを連絡して第71回研修セミナーを終了しました。