GIC平成29年度第55回研修セミナー

平成30年2月23日(金)午後13時30分より産業技術総合研究所東北センターOSL棟2階セミナー室において、GIC29年度第55回研修セミナーが開催されました。 テーマ「化学品フロー合成の実用化に向けて」 当日は、第1部として研究室見学、①温高圧を使ったフローケミストリ(K棟)②圧二酸化炭素を用いた塗装・モノづくり技術の紹介 (M棟)③圧二酸化炭素を用いた連続抽出装置の紹介 (OSL棟)の3か所を見学しました。 第2部は、GIC会長 濱川 聡の開会挨拶、マイクロ化学グループの川波による趣旨説明があり、引き続き、特別講演Ⅰ「連続生産社会実装による合成事業の再定義」と題して、株式会社高砂ケミカル 代表取締役社長 齊藤 隆夫氏の講演、続いて話題提供Ⅰ「連続フロー合成法の研究動向およびNEDO先導プログラムでの取り組み」と題して、触媒化学融合研究センターフロー化学チーム 研究チーム長 島田 茂氏の講演、休憩を挟んで、話題提供Ⅱ「マイクロ混合器を用いた高圧二酸化炭素による疎水性有価物の高速連続抽出技術の開発」化学プロセス研究部門コンパクトシステムエンジニアリンググループ 藤井 達也氏の講演がありました。 講演終了後、交流会(37名出席)が開催されGIC29年度第55回研修セミナーを締めくくることができました。



◆会場の様子◆