ごあいさつ


グリーンプロセス インキュベーション コンソーシアム
会長
古屋 武

国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)東北センターは、産総研の基本理念である「持続的発展可能な社会の実現」に向け、研究開発とともに産学官連携活動の強化につとめています。
平成17年に設立された「グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム(GIC)」は、東北センターにおける産学官連携の核として積極的な活動を行ってきました。このたび、平成27年4月の新たな“化学プロセス研究部門”の発足に伴い、これまでのコンソーシアム活動の基本コンセプトと活動成果を継承しつつ、新たな活動を開始します。
本コンソーシアムは “研究部門”の研究目標と産業界の動向を踏まえ、研究シーズと産業ニーズのマッチングを図るためのオープンなプラットホームとして位置づけられます。主要な活動である研修セミナー等を通じて、研究シーズと産業ニーズの出会いを促進し、様々な技術の融合や共同プロジェクトの創出、新しい分野への展開をはかり、ひいては化学プロセスや各種産業における低環境負荷技術の実現を目指します。
同時に本コンソーシアムは、産総研・地域センターの持つミッションの一つである、“地域への貢献”を効果的に行うためのプラットホームとしても有効です。このコンソーシアムを東北地域の企業と行政機関・大学・公設研究所との連携推進の場、また全国に広がる産総研研究者、大学、各種の研究機関の研究シーズとの出会いの場として、新たなイノベーション創出の機会拡大のために活用していきます。