化学プロセス研究部門

現在位置組織 > 化学プロセス研究部門 > 研究グループ紹介 > 有機物質変換グループ

有機物質変換グループ

 グリーンな有機合成の提案を目指して、超臨界流体と触媒や酵素を組み合わせた有機物質の効率的な変換技術の研究開発を行います。

主な研究内容

1. 高温高圧の水や超臨界二酸化炭素と触媒や酵素を利用する有機物質変換反応の開発

2. ナノ粒子触媒による炭素資源変換反応の開発

3. 多孔質材料に集積した酵素や機能分子による機能性化学品の製造プロセスの開発






研究グループ長 山口 有朋