本文へ

産学官・国際連携推進部 Collaboration Promotion and International Affiars Division

産総研イノベーションワークショップ in タイ

産総研イノベーションワークショップ in タイ
- タイにおける産業界、公的研究機関と産総研とのさらなる連携に向けて -

10月30日(火)に、タイ・バンコクにて連携ワークショップを開催いたしました。
当日は予想を超える約230名の方々にご参加いただきました。


ワークショップ名

産総研イノベーションワークショップ in タイ
- タイにおける産業界、公的研究機関と産総研とのさらなる連携に向けて -

ワークショップ概要

産総研は持続発展可能な社会実現のため、世界各国の有力研究機関とのグローバルネットワークを構築し、国際的な研究連携を推進しています。 タイ王国の研究機関であるNIMTとは、これまで、JICA-NIMTプロジェクトによる計量標準技術の移転を行い、また、NSTDAやTISTRとは、現在、グリーン・イノベーションをテーマとした研究連携を推進しています。

そこで今回は、校正技術、基準認証における日タイの連携や、バイオディーゼル燃料、太陽光発電等の研究連携の実例を紹介し、公的研究機関と日系企業を含む在タイ企業との相互交流を促進させるためのワークショップを開催します。

開催概要
日時 2012年10月30日(火)9:30~17:45
場所 プルマン バンコク グランデ スクンビット (旧 グランド ミレニアム スクンヴィット バンコク)
http://www.pullmanbangkokgrandesukhumvit.com/ja/
主催 独立行政法人産業技術総合研究所
後援 NIMT、NSTDA、TISTR、タイ工業省工業規格局(TISI)、経済産業省(METI)、JETRO Bangkok、泰日経済技術振興協会(TPA)、
バンコク日本人商工会議所(JCC)、NEDOバンコク事務所 等
テーマ 国際標準化、基準認証、計量標準、先端技術の研究協力に関する講演、事例紹介とパネル討論
対象 タイに進出している日系企業、タイ国立研究機関、タイ企業等
規模 200名程度
参加費 無料(昼食込み)
問い合わせ ws-thai-ml*aist.go.jp(*を@に変えて送信ください)
プログラム
9:30~ 開会挨拶 産総研 理事長 野間口 有
挨拶 JETRO 所長 井内 摂男
9:50~ 第一部 「タイ国内のものづくりを支える計量標準」
司会 産総研 計測標準研究部門長 千葉 光一
  • 基調講演1 「JICA-NIMT プロジェクトによる技術移転」
    NIMT副所長 Dr. Somsak Charkkian
    【講演概要】
    NIMTは、産総研の支援をうけて、東南アジアを代表する計量標準機関に成長しています。現在、タイ国内の企業のみならず、周辺各国にも計量標準を供給し、製造業の根幹となる計測の信頼性の向上に貢献しています。
    1998年の発足から現在までの取り組み、校正サービスの現状、周辺諸国と構築している計量標準のネットワークや、今後の展望をご紹介いただきました。
  • 事例紹介① 「計測技術移転プロジェクト NIMTとの協力関係による成果」
    計量標準管理センター長 臼田 孝
    【講演概要】
    日本の計量標準の開発、維持、および産業界への標準供給を行っている産総研計量標準総合センター(NMIJ/AIST)は、タイ王国政府および日本政府からの依頼を受け、JICA/NIMTプロジェクトにより、NIMTに対して技術指導、人員の育成などの支援を行ってきました。2002年より2008年まで実施した技術移転プロジェクトの成果と、その後の追加支援、今後の連携の展望をご紹介しました。
  • 事例紹介② 「タイ国内の二次校正機関による校正サービスの現状」
    NECコーポレーション タイランド 校正事業部事業部長 藤原 智
    【講演概要】
    タイランドは、在タイ日系企業を含めた多くの企業に、計測器の校正や修理等のサービスを提供しています。同社が高い技術に基づいた校正事業を開始するに至った経緯や、現在実施している校正サービスの概要とタイ国内で校正を依頼する際の注意点などをご紹介いただきました。
11:20~ 第二部 「製品の信頼性を担保する基準認証」
司会 産総研 国際標準推進部長 松田 宏雄
  • 基調講演2 「タイ国内における基準認証(仮題)」
    TISI Ms. Rachada Isarasenarak
    【講演概要】
    TISIでは、タイ国内で製造される工業製品の輸出振興を図るため、工業標準化及び認証業務、検査業務を行っています。製品の信頼性を担保するため、標準化や品質管理に関する技術や、電気・電子試験、機械・材料試験、化学・材料試験などに関する技術をタイ国内の企業に移転しています。業務の概要や、認証や試験に関する技術移転の具体例をご紹介いただきました。
  • 事例紹介③ 「経済産業省のアジア諸国との基準認証制度構築協力の取組」
    経済産業省基準認証政策課 係長 佐久間 康洋
    【講演概要】
    経済産業省は、アジア諸国と日本が共に成長できる社会の構築を目指し、製品の性能評価方法の標準化やその適正な認証を実施するための取組をアジア諸国と連携して実施しています。その中でも、特に白物家電に関する基準認証制度構築を中心に、日本とアジア諸国の取組や国際会議などを活用した取組などについてご紹介いただきました。
  • 事例紹介④ 「ISO規格認証におけるTQAの取り組み」
    TQA社長 小坂 雅彰
    【講演概要】
    TQAは、一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)の現地法人であり、2001年より、JQAがタイで実施するISOマネジメントシステム審査サービスの提供などを行っています。現在のサービ ス内容、タイの日系企業にとっての認証取得の意義、及び留意事項などをご紹介していただきました。
12:30~ 昼食
会場のホテル内で、ビュッフェ形式の昼食をご用意しました。
13:30~ 第三部 「グリーン・イノベーションを目指した日タイ連携」
  • 基調講演3 「アジアにおけるオープンイノベーション」
    産総研&nbap;理事 瀬戸 政宏
    【講演概要】
    産総研は、持続的成長可能な産業社会の実現に貢献するため、企業や大学、海外研究機関との連携を進めています。単なる企業の新製品、新事業開発のための連携ではなく、多様なプレーヤーが相乗的、相補的に連携して、多様なゴールを目指すオープンイノベーションを推進しています。
    産総研とタイ研究機関との連携という日タイ連携の成功をモデルに、企業等が活用しやすい産総研の国際連携ネットワークを構築するための取り組みや、オープンイノベーションのハブとなり、成果を創出するための取り組みを紹介しました。
  • 事例紹介⑤ 「日タイ連携によるバイオディーゼルに関する技術開発(2)」
    トリペッチいすゞセールス 副社長 近藤 恭哉
    【講演概要】
    この事業で試作した非食糧系ジャトロファ由来のバイオディーゼルの、自動車燃料としての適合性を実証するため、実車(ピックアップトラック)を用いた路上走行耐久性試験が今年10月よりタイ国内で始まりました。本実証試験には、いすゞ自動車タイランドグループ、タイ科学技術研究院(TISTR)、PTTも参画しています。
    実証試験を行うに至った経緯や試験の概要、タイ社会への貢献、今後の展望等に加え、産総研やタイ側の研究機関等と連携するメリットについてご紹介いただきました。
  • 事例紹介⑥ 「日タイ連携による太陽光発電に関する技術開発(1)」
    田淵電機 Dr. Songpakit Kaewniyompanit
    【講演概要】
    太陽光発電用パワーコンディショナおよびインバータのメーカーである田淵電機は、産総研と連携し、電力変換を行うだけでなく、電流-電圧特性といった太陽電池パネルの直接的な性能パラメータも同時に取得できる革新的なパワーコンディショナを開発しました。その性能に着目したNSTDAが改良機種を導入し、田淵電機と共同で、実証実験を開始しました。実証実験の概要や、今後の展望、産総研等の研究機関と連携するメリットについてご紹介いただきました。
講演会場の様子講演の様子
15:00~15:50 ポスターセッション
  • 各プレゼンの紹介(11件)
    各プレゼン内容を紹介したポスターを掲示し、講演者の方々と直接意見交換を行いました。
  • 機関、研究グループの紹介
    産総研の概要
    産総研 計量標準総合センター(NMIJ/AIST)
    産総研 国際標準推進部
    産総研 新燃料自動車技術研究センター
    産総研 太陽光発電工学研究センター
    タイ国家計量標準機関(NIMT)
    タイ国家科学技術開発庁(NSTDA)
    タイ科学技術研究院(TISTR)
    泰日経済技術振興協会(TPA)
15:50~17:20 パネル討論
テーマ:「タイにおける校正、基準認証の今後の展開」
モデレーター:日本経済新聞社 論説委員 滝 順一
パネリスト:
タイ工業省 工業標準局(TISI) Ms. Rachada Isarasenarak
経済産業省 基準認証政策課係長 佐久間 康洋
タイ国家計量標準機関(NIMT)所長(予定)
産総研 理事 三木 幸信
泰日経済技術振興協会(TPA)(予定)
NECコーポレーションタイランド校正事業部事業部長 藤原 智

【概要】
タイ国内の製造業の振興のために重要となる計量標準や基準認証について、現状の課題や今後のあり方を議論します。また、在タイ日系企業等に対する経済産業省の政策支援や、技術開発や標準化に対する産総研の技術支援の可能性を探りました。
パネリストによる討論のみならず、会場の参加者からのご意見も伺いました。

パネル展示の様子パネル討論の様子
17:20~17:35 来賓挨拶 NSTDA長官 Dr. Thaweesak Koanantakool
TISTR理事長 Mr. Yongvut Saovapruk
NEDOバンコク事務所所長 石井 紳也
17:35~17:45 閉会挨拶 産総研 理事 脇本 眞也
18:00~ 懇親会 ワークショップ会場のホテル内で、立食形式の懇親会をご用意しました。

お問合せ先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 産学官・国際連携推進部 ワークショップ事務局

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 中央第1 つくば本部・情報技術共同研究棟8F
電話:029-862-6244 FAX:029-862-6249
Eメール:ws-thai-mll*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)

▲ ページトップへ