本文へ

産学官・国際連携推進部 Collaboration Promotion and International Affiars Division


最新トピックス

チェコ共和国外務省副大臣および駐日大使の産総研来訪

2018年6月5日および6日、チェコ共和国マルチン・トラパ外務省副大臣、トマーシュ・ドゥプ駐日大使および一行が産総研臨海副都心センターおよびつくばセンターを訪問されました。

6日のつくばセンターでは、三木副理事長より歓迎の挨拶、粟津産学官・国際連携推進部次長より産総研概要の紹介および安田エレクトロニクス・製造領域研究戦略部長より研究領域の紹介を行いました。トラパ副大臣およびドゥプ駐日大使よりは来訪対応へのお礼の挨拶がありました。

前日5日の臨海副都心センターでは、吉田所長よりセンターの概要、続いて市川人工知能研究戦略部長等より人工知能研究の紹介を行いました。

トラパ副大臣およびドゥプ駐日大使からは、産総研と企業との連携、産業界での研究成果の応用等に関心を示すとともに、研究室では熱心に視察されました。

臨海副都心センターご訪問   つくばセンターご訪問

駐日リトアニア共和国大使の産総研来訪

2018年5月28日、リトアニア共和国ゲディミナス・バルブオリス駐日大使が産総研つくばセンターを訪問されました。

三木副理事長の歓迎挨拶のあと、粟津産学官・国際連携推進部次長より産総研概要およびサイエンススクエアにて産総研の研究内容を説明、続いて、藤原館長より地質標本館の展示内容を説明しました。

大使からは、リトアニア共和国の科学技術に関して、生命工学とレーザー工学の分野が進んでいる等説明があり、産総研の同分野の研究に関心を示していました。

また、サイエンススクエアおよび地質標本館では、産総研の研究の展示品に高い関心を持って視察されました。

リトアニア駐日大使との会合   サイエンススクエア見学写真

STSフォーラム第3回ハイレベル会合への参加

2018年5月17日に、ベルギー・ブリュッセルにおいて、STS(Science and Technology in Society)フォーラム、欧州議会、日本貿易振興機構(JETRO)共催の「第3回ハイレベル会合」が開催されました。この会合には、政府、産業界、学術界のリーダーが参加しており、その中で中鉢理事長は、「人類が直面する大きな挑戦」のセッションにて「気候とエネルギー」のテーマの講演を行いました。中鉢理事長は、気候変動における世界および日本の再生可能エネルギー導入の動きの中で、産総研が取り組んでいるFREAでの研究開発、国内企業との研究開発、海外研究機関との共同研究等を紹介しました。

さらに、ドイツのフラウンホーファー協会、ECのJoint Research Centre、オランダのEnergy Research Centre of the Netherlandsなどヨーロッパ諸国とともに続けてきている再エネの共同研究の協力をさらに深め、共に気候変動の抑制に貢献していきたい旨意欲を述べました。

第3回ハイレベル会合の写真

連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 産学官・国際連携推進部

〒305-8560 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば本部・情報技術共同研究棟8階
電話:029-862-6144 FAX:029-862-6148
Eメール:cpiad-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)


▲ ページトップへ