本文へ

研究チーム紹介

CNT用途チーム book

研究チーム長:山田健郎

CNT用途チームでは、特にスーパーグロース法で作製した単層カーボンナノチューブ(CNT)の特性を生かした、分散技術及び複合材料やCNTを用いたデバイス形成技術の開発を行ない、CNTの用途展開を通じた実用化を目指しています。

CNT-CF-Rubber

カーボンナノチューブ・炭素繊維・ゴム複合材料

CNT評価チーム book

研究チーム長:岡崎俊也

CNT評価チームでは、カーボンナノチューブ(CNT)生産管理を目的とした、評価法開発を行っています。具体的には、分散液および複合材中のCNT分散体評価・計算機シミュレーション技術、安全性試験のためのCNT評価技術開発などです。さらに、開発した評価技術を国際標準化する活動もおこなっています。このような研究を通じて、CNT実用化・産業化をサポートしていきます。

評価1
カーボンナノチューブの分解性の解明

評価2
ロックイン発熱解析法で可視化されたカーボンナノチューブおよびグラフェンの電流経路

評価3-1
評価3-2
酸化カーボンナノチューブを利用した医療用画像処理技術の開発

CNT合成チーム book

研究チーム長:Don N. Futaba

CNT合成チームは、マイクロエネルギーデバイスから金属複合材料まで幅広い用途に応用されるナノマテリアルの合成技術の研究開発に重点的に取り組んでいます。具体的には、2004年にScience誌に掲載されたスーパーグロース法をベースとした低コスト単層カーボンナノチューブ(CNT)大量合成技術の開発に注力しています。さらに、CNTの様々な形状を制御する技術や次世代の合成技術の研究開発にも取り組んでいます。このようにCNT合成チームは、CNTの本格的な実用化を合成技術の観点から推し進めています。

tp_synthesis

▲ ページトップへ