トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 新型コロナウイルスの感染を阻害するペプチドを発見

新型コロナウイルスの感染を阻害するペプチドを発見

国立研究開発法人 産業技術総合研究所(以下「産総研」という)バイオメディカル研究部門 山崎 和彦 主任研究員、久保田 智巳 主任研究員、同 細胞分子工学研究部門 舘野 浩章 研究グループ長、清水 弘樹 主任研究員、国立大学法人長崎大学 感染症研究出島特区 森田 公一 教授、同 熱帯医学研究所Ngwe Tun, Mya Myat 准教授、高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所 安達 成彦 特任准教授(研究当時)、川崎 政人 准教授、守屋 俊夫 特任准教授、池田 聡人 研究員は、新型コロナウイルスの従来株およびオミクロン株の感染阻害能を有するペプチド分子を発見した。

このペプチドは、スパイクタンパク質上のN型糖鎖を認識して結合し、これを凝集させることによって、感染を阻害するという機能を持つ。スパイクタンパク質中でも、糖鎖が付加される部位は変異を起こしにくいことが知られており、その結果、このペプチドの作用も変異に対して強いことが示された。このペプチドを出発点として、これから生じる可能性のある新たな変異にも対応できる阻害剤の創出に貢献する。なお、この技術の詳細は、2022年8月25日付で「The FEBS Journal」に掲載された。


※詳細は図下のプレスリリースを参照。





プレスリリース
新型コロナウイルスの感染を阻害するペプチドを発見

https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2022/pr20220830/pr20220830.html

投稿論文
論文タイトル:Core fucose-specific Pholiota squarrosa lectin (PhoSL) as a potent broad-spectrum inhibitor of SARS-CoV-2 infection.

著者:Yamasaki K, Adachi N, Ngwe Tun MM, Ikeda A, Moriya T, Kawasaki M, Yamasaki T, Kubota T, Nagashima I, Shimizu H, Tateno H, Morita K.

雑誌:FEBS J.2022 Aug 25.

DOI: 10.1111/febs.16599

Page Top