トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 感染性B型肝炎ウイルスに特異的な糖鎖抗体を開発

感染性B型肝炎ウイルスに特異的な糖鎖抗体を開発

B型肝炎ウイルス(HBV)は全世界で約3億人の人が慢性的にウイルスを保有していると考えられており、感染すると、肝炎、肝硬変、肝がんなどの肝疾患へとつながるウイルスです。 HBVは大量の非感染性のデコイウイルス粒子を産生することで、免疫系から逃れていると考えられています。 最近、レクチンマイクロアレイによりHBV粒子を非破壊のまま解析して得た糖鎖プロファイルから、感染性HBV粒子に特異的な糖鎖を有する領域を特定しました(我妻らAnal Chem 2018)。 そこで、本研究では質量分析により糖鎖構造を同定し、糖転移酵素を用いて糖ペプチドを合成し、糖鎖抗原を認識する新規抗体の取得に成功しました。 本抗体はインビトロでHBVの感染を阻害する活性を有することを確認できました。 本研究は、糖鎖を解析する技術と合成する技術を用いて、感染症ウイルスの診断や治療に有用な抗体の開発へのプラットホームを示しました。 本研究は、厚労省およびAMEDの支援により、産総研、国立国際医療研究センター、名古屋市立大、富山大の共同研究として実施されました。

感染性B型肝炎ウイルスに特異的な糖鎖を標的として感染を防ぐことができる抗体を開発




共同研究機関
国立国際医療研究センター、名古屋市立大、富山大との共同研究

投稿論文
論文タイトル:O-glycosylated HBsAg peptide can induce specific antibody neutralizing HBV infection

著者:Kiyohiko Angata 他

雑誌:Biochimica et Biophysica Acta (BBA)-General Subjects

DOI: 10.1016/j.bbagen.2021.130020

Page Top