トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 個々の細胞の糖鎖をプロファイリングする技術を開発 -創薬や再生医療に貢献する1細胞解析技術-

個々の細胞の糖鎖をプロファイリングする技術を開発 -創薬や再生医療に貢献する1細胞解析技術-

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 石村 和彦】(以下「産総研」という)細胞分子工学研究部門【研究部門長 宮崎 歴】多細胞システム制御研究グループ 舘野 浩章 研究グループ長、箕嶋 文 テクニカルスタッフ(研究当時)、小高 陽樹 研究員は、国立大学法人 筑波大学【学長 永田 恭介】(以下「筑波大」という)医学医療系 生命科学域バイオインフォマティクス分野 尾崎 遼 准教授と共同で、1細胞の糖鎖と遺伝子を同時にプロファイリング(特徴を抽出)する世界初の技術を開発した。

 DNA バーコードを導入した糖鎖結合タンパク質(レクチン)を複数用いることで、細胞の目印である糖鎖と、細胞の性質を示す遺伝子を、次世代シーケンサー(DNA 解読装置)で1細胞ごとに同時プロファイリングする技術を開発した。本技術は疾患の原因となる希少細胞を標的とした治療薬の開発や、再生医療に用いる細胞の品質管理をはじめさまざまな生命医学研究への貢献が期待される。なお、この技術の詳細は、2021年7月16日に国際学術誌「iScience」に掲載された。

 ※詳細は図下のプレスリリースをご覧ください。

個々の細胞の糖鎖をプロファイリングする技術を開発 -創薬や再生医療に貢献する1細胞解析技術-



プレスリリース
個々の細胞の糖鎖をプロファイリングする技術を開発 (https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2021/pr20210727/pr20210727.html)

投稿論文
論文タイトル:Integrated analysis of glycan and RNA in single cells
著 者:FumiMinoshima, HarukaOzaki, HarukiOdaka, HiroakiTateno
雑誌: iScience. 17 July 2021, doi: 10.1016/j.isci.2021.102882

Page Top