トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. ウイルス遺伝子の新しい解読法の開発に成功

ウイルス遺伝子の新しい解読法の開発に成功

夏目徹首席研究員、足達俊吾主任研究員らの研究グループは、東京大学との共同研究により、質量分析を用いたウイルスタンパク質の網羅的同定技術を開発し、単純ヘルペスウイルス(HSV)ゲノムがコードする9つの新規HSV蛋白質の同定に成功しました。また、新たに発見したHSV蛋白質の1つが、HSVが引き起こす病態の中で、ウイルス性脳炎の発症をコントロールする病原性因子であることを見出し、その脳炎発症の仕組みを解明しました。本研究により開発された新しいウイルス遺伝子の解読法は、新型コロナウイルスの遺伝子解読などさまざまなウイルス研究に応用展開されることが期待されます。本研究成果は2020年9月29日、米国科学雑誌「Nature Communications」のオンライン版で公開されました。
(doi: 10.1038/s41467-020-18718-9)

質量分析を用いた新規ウイルス新規タンパク質同定手法の開発に成功!

プレスリリース
東京大学:ウイルス遺伝子の新しい解読法の開発に成功
-新規ウイルス蛋白質を発見し、ウイルス性脳炎の発症の仕組みを解明-
(2020年9月29日)
https://www.ims.u-tokyo.ac.jp/imsut/jp/about/press/page_00037.html

AMED:ウイルス遺伝子の新しい解読法の開発に成功
-新規ウイルス蛋白質を発見し、ウイルス性脳炎の発症の仕組みを解明-
(2020年9月29日)
https://www.amed.go.jp/news/release_20200929-03.html

共同研究機関
東京大学

投稿論文
論文タイトル:Identification of a herpes simplex virus 1 gene encoding neurovirulence factor by chemical proteomics
著者:Akihisa Kato*, Shungo Adachi*, Shuichi Kawano, Kousuke Takeshima, Mizuki Watanabe, Shinobu Kitazume, Ryota Sato, Hideo Kusano, Naoto Koyanagi, Yuhei Maruzuru, Jun Arii, Tomohisa Hatta, Tohru Natsume† & Yasushi Kawaguchi† (*: equal contribution, †: corresponding authors) 
雑誌: Nature Communications volume 11, Article number: 4894 (2020)
DOI: 10.1038 / s41467-020-18718-9

Page Top