トピックス

  1. ホーム
  2. トピックス一覧
  3. 完全に非破壊的な抗体の高次構造解析を実現

完全に非破壊的な抗体の高次構造解析を実現

徳永裕二研究員、竹内恒研究グループ長らの研究グループは、東京大学・中外製薬などと協力して、抗体の高次構造情報を、製剤条件・低温保存温度で、非破壊的に取得できる、独自のNMR測定技術N-CRINEPT法を開発しました。今回開発した技術は、抗体医薬の高機能化や溶液条件の最適化など、バイオ医薬の生産・製剤化・輸送・保存など多様な局面での活用が期待されます。また、本手法を用いることで、NMR法により解析可能なタンパク質の数を飛躍的に向上させることが可能で、様々な創薬標的タンパク質への応用が期待されます。なお、この技術の詳細は、2020年05月06日(米国東部夏時間)にJournal of Medicinal Chemistryに掲載されました(doi: 10.1021/acs.jmedchem.0c00231)。

完全な非破壊観測が可能なN-CRINEPT法により、各種製剤組成におけるNMRスペクトルの取得に成功

Page Top