産業技術総合研究所 中国センター

中国地域産総研技術セミナー in 津山

−産総研の製造技術関連研究とMZプラットフォーム−

 産総研中国センターは、産総研の研究開発の成果や産学官連携活動をご紹介して、中国地域の皆様との技術的・人的ネットワークを図ることを目的に技術セミナーを開催しています。今回は、岡山県工業技術センター、つやま産業支援センターとの共催で、「産総研の製造技術関連研究とMZプラットフォーム」と題して下記の要領で開催することとなりました。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 

日時 平成27年9月1日(火)13:30〜17:30
場所 津山圏域雇用労働センター(1階中会議室)〔案内図〕
(〒708-0022 岡山県津山市山下92-1)
TEL 0868-24-3633
定員 30名(申し込み順:定員になり次第、締め切ります)
参加費 無料
主催 (国立研究開発法人)産業技術総合研究所中国センター
共催 岡山県工業技術センター、つやま産業支援センター
後援 中国経済産業局、(公財)ちゅうごく産業創造センター、
(一社)中国地域ニュービジネス協議会、(独)中小企業基盤整備機構中国本部

 

ご案内のダウンロードはこちらから【PDF:197KB】
ご案内のダウンロード

 

次第

開会挨拶(13:30〜13:40)

   津山市 市長 宮地昭範

 

活動紹介(13:40〜14:00)

「岡山県工業技術センターの取り組みについて」

   岡山県工業技術センター 所長 鈴木 隆之

 

講演1(14:00〜15:00)

「製造技術研究部門の取り組みについて」

   産総研 製造技術研究部門 研究部門長 市川 直樹

 産総研製造技術研究部門では、素材・材料に合わせた加工プロセスの最適化や複合化、プロセスやプロダクトのその場計測・評価と加工プロセスへのフィードバック、機能や加工工程の設計の支援ツールなど、製造技術の高度化に資する研究開発を行っています。また、研究開発の成果や知見を活かして、各地域の公設研等とも連携しながら、企業の皆様の課題解決に資する活動も行っており、こうした取り組みの一端をご紹介します。

 

休憩、技術相談(15:00〜15:20)

 

講演2(15:20〜16:20)

「中小製造業のIT化を支援するMZプラットフォーム」

   産総研 製造技術研究部門
       オンデマンド加工システム研究グループ 主任研究員 古川 慈之

 MZプラットフォームとは、産総研で開発されたソフトウェア作成ツールです。プログラミングについて専門的な知識がなくても、ソフトウェアの部品(コンポーネント)を組み合わせることでオリジナルのソフトウェアを作成することが可能です。本講演では、MZプラットフォームの概要と、それを用いた中小製造業のIT化事例についてご紹介します。

 

閉会挨拶(16:20〜16:30)

   産総研 中国センター 所長 柳下 宏

 

技術相談(16:30〜17:30)

 

お申込み

◆FAXでの申し込み
 下記の参加申込書にご記入の上、印刷し、FAXしてください。

◆メールでの申し込み
 氏名、役職等(下記の「参加申込書」を参照)についてご記入の上、c-renkei_seminar-ml@aist.go.jpへご送信下さい。

参加申込書のダウンロードはこちらから【Word:48KB】締め切り:8月28日(金)

参加申込書のダウンロード

※個人情報は「国立研究開発法人産業技術総合研究所個人情報保護規程」に基づき適正な管理を行っております。

 

お問い合わせ

産業技術総合研究所 中国センター 中国産学官連携センター 佐々木、大谷

広島県東広島市鏡山3-11-32
TEL:082-420-8245
FAX:082-420-8281
E-Mail:c-renkei_seminar-ml@aist.go.jp