新材料・新概念に基づく先駆的エネルギー変換・貯蔵技術を軸とする次世代のエネルギー化学材料技術の研究開発を行う。

さらに詳しく

ラボ長   徐 強(産業技術総合研究所)
副ラボ長  松原 英一郎(京都大学)
副ラボ長  山田 理(産業技術総合研究所)

研究顧問  北川 進(京都大学)

A. 基盤技術・材料開発班

班 長   堀毛 悟史(京都大学)
班 員   徐 強(産業技術総合研究所)
P D   Nagarkar Sanjog Sunil(産業技術総合研究所)
P D   Hou Chunchao(産業技術総合研究所)
P D   Chen Liyu(産業技術総合研究所)
P D   小川 知弘(産業技術総合研究所)

B. 電解質材料開発班

班 長   窪田 啓吾(産業技術総合研究所)
班 員   松本 一彦(京都大学)
P D   Chen Chih-Yao(産業技術総合研究所)

C. 触媒材料・電極開発班

班 長   徐 強(産業技術総合研究所)
班 員   阿部 竜(京都大学)
P D   Wei Yong-Sheng(産業技術総合研究所)
P D   Wang Gang(産業技術総合研究所)
P D   Chang Jinfa(産業技術総合研究所)
T S   梶原 隆史(産業技術総合研究所)
T S   池田 美幸(産業技術総合研究所)
協力研究員 Duan Jingui(産業技術総合研究所)
協力研究員 Zhai Lu(産業技術総合研究所)
協力研究員 Wei Hong(産業技術総合研究所)
学 生   Zhao Ruo(産業技術総合研究所)
学 生   Li Bing(産業技術総合研究所)
学 生   Yang Chao(産業技術総合研究所)
学 生   Li Xinran(産業技術総合研究所)

        

研究支援

京 都   魚谷 信夫(産業技術総合研究所)
京 都   角野 真喜子(産業技術総合研究所)
京 都   濵本 かれん(産業技術総合研究所)
池 田   齋藤 俊幸(産業技術総合研究所 関西センター)
池 田   高﨑 恵子(産業技術総合研究所 関西センター)
池 田   山脇 直穂子(産業技術総合研究所 関西センター)

        PD:ポストドクター、TS:テクニカルスタッフ

概要

京都大学の先端材料シーズ(多孔性配位高分子(MOF/PCP)、電解質、金属ナノ粒子触媒など)と、産業技術総合研究所の機能界面構築や電気化学デバイス化技術を結合させ、従来にないエネルギー変換、エネルギー貯蔵技術の開発を目指します。産学官ネットワークの構築により、民間企業の参画による「橋渡し」につながる目的基礎研究を強化し、革新的エネルギー化学材料技術の実用化のために必要な基盤技術・材料、電解質材料、触媒材料・電極設計及びデバイス化技術に関する基礎・応用研究に取り組んでいきます。

研究テーマ

研究課題1:基盤技術・材料開発
・革新的エネルギー化学材料とデバイスの実用化に資するMOF/PCPの開発、およびMOF/PCPの機能創発に必要となる自在な構造設計を実現するための合成手法を開発を行います。さらに、MOF/PCPのさまざまな形状制御技術、電気化学特性賦与技術や異種材料との複合化技術などの技術開発を行います。新規に合成された各種構造や形状を持つMOF/PCP材料を前駆体・鋳型として利用することで、電気化学デバイスに適した炭素や金属複合体などの多様なナノ構造材料を開発します。

研究課題2:電解質材料開発
・これまでに実現困難であった室温~中温域で作動する電気化学デバイスに適した、高性能化と安全性を両立する新規な溶融塩電解質の開発を、第一原理計算などの計算科学的手法を積極的に活用することで早期の実現を目指します。さらに、MOFや金属ナノ粒子と溶融塩を複合化することで、新しい概念の固体電解質の創出を目指します。また溶融塩を熱的・電気化学的な合成の反応場として利用することで、他の研究課題で実施する材料の形状制御や機能性賦与への適用を検討します。

研究課題3:触媒材料・電極設計開発
・高価な白金などの貴金属触媒を必要としない高い酸素還元活性を有する非貴金属・炭素複合材料をベースにした触媒の開発や多孔質MOF/PCPとグラフェン、金属酸化物などとの複合材料から構成される三次元で精密に構造制御された電極材料を開発します。またMOF/PCP材料やMOF/PCPを鋳型・前駆体として用いて合成したナノ触媒材料、あるいは金属ナノ粒子触媒の担体として用いることで、水電解・水素発生反応に高活性・高耐久性の電極触媒や、液体燃料製造用の電極触媒の開発を目指します。

京都大学 吉田キャンパス
国際科学イノベーション棟 4階

事務オフィス〒606-8501
京都市左京区吉田本町

電話072-751-8695

Eメールinfo-chem-ml@aist.go.jp