独立行政法人産業技術総合研究所

産総研

日本語ENGLISH

サービス工学研究センター

採用情報

2014年4月22日 更新

募集要項 一覧

 

職種 テクニカルスタッフ(第2号職員)
業務内容 サービス工学関連の実験補助やデータ整理等
応募資格

エクセルやR等でのデータ整理や分析の経験と、被験者実験やICT技術の実証実験に携わった経験のどちらがを有すること。

両方の経験があることが望ましい。

募集元 サービス工学研究センター
勤務地 つくばセンター

詳細を見る

 

 

職種 産総研特別研究員(1号)
業務内容 サービス工学における行動計測・提示技術に関する研究
応募資格 行動計測技術、複合現実技術、サービス工学(被験者実験や実証含む)に関連の深い研究実績を有すること。
採用時において博士号取得7年以内であること,同区分での雇用歴が5年未満であること。
募集元 サービス工学研究センター
勤務地 つくばセンター

詳細を見る

 

職種 リサーチアシスタント(2号)/テクニカルスタッフ(2号)
業務内容 データ分析に関する研究補助業務
応募資格

データ分析業務として以下のタイプがある
@データ分析(大規模データ)の場合
・Python,Javaの基本プログラミング知識があること
・英論文に対して抵抗がないこと
Aデータ分析(センサデータ・行動推定)の場合
・Rの基本プログラミング知識があること
・行動推定アルゴリズムの設計・実装に当たり、基礎的な物理学(特に力学)の知識を有すること

上記以外に必要な応募資格:

リサーチアシスタント(2号)の場合
@雇用開始日において、大学院博士後期課程(博士課程)又は大学院博士前期課程(修士)に在籍していること
A産総研の研究者から研究指導を受けることについて、大学院指導教員の同意を得ていること
B雇用期間において、次の(a)〜(e)に該当しないこと。
(a)日本学術振興会特別研究員
(b)国費留学生
(c)他のリサーチアシスタント制度の利用者
(d)社会人学生(企業等に在職している学生、個人事業主である学生)
(e)他の研究機関で雇用されている者

 

テクニカルスタッフ(2号)の場合
雇用開始日において、工学系大学在学中かそれ以上の学歴を有するか若しくは同等の学識を有する者

募集元

サービス工学研究センター

勤務地 臨海副都心センター

詳細を見る

 

 

職種 博士型任期付研究員または中堅型研究員
概要

顧客提供価値の向上とサービス提供プロセスの効率化を同時に実現する次世代サービスデザインに向けて、サービス現場でのビッグデータの蓄積と分析、サービスプロセス設計とシミュレーション、現場適用評価に携わる研究者で、情報学、社会科学、人間医工学などの専門を有する若手研究者または中核となって推進する研究者を広く募集する。

募集元 サービス工学研究センター/デジタルヒューマン工学研究センター

詳細を見る

 

 

職種 産総研特別研究員(1号)
業務内容 超大並列計算機による社会現象シミュレーションの管理・実行フレームワークおよびマルチエージェントシミュレーションに関する研究
応募資格

マルチエージェントシミュレーション、あるいは、機械学習あるいは遺伝的アルゴリズムの研究・技術開発の経験を有していること。
採用時において博士号取得7年以内であること,同区分での雇用歴が5年未満であること。

募集元 サービス工学研究センター
勤務地 つくばセンター

詳細を見る

 

 

契約職員の区分について

第一号職員 通称、産総研特別研究員。博士号を有し、かつ、優れた研究能力を有すると認められる研究業務に従事する方
第二号職員 通称、テクニカルスタッフ。研究機器等の操作等を必要とする研究補助業務、研究データ分析等の技術補助的業務に従事する方
第三号職員 通称、アシスタント。事務補助的業務、秘書的業務に従事する方
第四号職員 通称、技術専門職。弁護士、弁理士、通訳、医師、看護師、薬剤師、放射線技師及びその他専門的な資格を必要とする方
第五号職員 通称、招聘研究員。優れた学識と研究経験を有し、法人内の研究及び経営に広い視野からの適切な指導、助言のできる非常勤職員及び顕著な研究業績若しくは組織運営手法を有する方
第二号職員
リサーチアシスタント(RA)
博士後期課程(博士課程)の大学院生 産総研の研究開発プロジェクトの推進に大きく貢献可能な高度な研究開発能力・論文生産能力を持ち、職員の指導のもと自立的に年間を通して業務を遂行できる方
博士前期課程(修士課程)の大学院生 産総研の研究開発プロジェクトの推進に貢献可能な研究開発能力を持ち、職員の指導のもと自立的に年間を通して業務を遂行できる方

▲ページの先頭へ