創薬基盤研究部門 当部門のロゴマークについて
現在位置組織 > 創薬基盤研究部門

BRD collage BRD collage BRD collage BRD collage BRD collage



研究部門の概要

創薬や再生医療に求められる新たな技術の開発と産業化を目指して

病気を早期に検出するとともにその原因因子の異常を修復することが医療で求められています。
当部門では、我々が強みとする“糖鎖解析技術”、“ヒト幹細胞の樹立・標準化技術と分化誘導技術”を駆使しながら、

(1) 糖鎖の差異を用いたガンを含む疾患の診断マーカー開発と診断薬への展開、疾患の生体内標的糖タンパク質の同定とその治療薬開発
(2) 安全なヒト幹細胞樹立法の開発と幹細胞から作り出した細胞・組織・器官を創薬スクリーニングや再生医療へ応用するための効率的な幹細胞分化誘導技術

など、創薬や再生医療に求められる新たな技術の開発と企業連携による成果の産業化を進めています。

新着情報

2016年 12月 9日 お知らせ イベント・講演会 をアップしました。
 ・平成28年度 先導技術交流会・シンポジウム [2017/2/1]
 ・第4回JMACシンポジウム「バイオ市場と国際標準化」 [2017/1/13]
2016年 10月 31日 お知らせ イベント・講演会 をアップしました。
 ・第2回レクチン利用技術研究会 ワークショップ [PDF: 451KB] [2016/12/5]
2016年 10月 20日 研究成果 アフリカツメガエルの複雑なゲノムを解読 -脊椎動物への進化の原動力「全ゲノム重複」の謎に迫る-
幹細胞工学研究グループ
2016年 10月 14日 お知らせ イベント・講演会 をアップしました。
当部門が共催するシンポジウムが開催されます。
 ・シンポジウム:細胞アッセイ技術の現状と将来 [PDF: 200KB] [2017/1/31]
2016年 10月 3日 お知らせ イベント・講演会 をアップしました。
 ・第14回糖鎖科学コンソーシアム シンポジウム [2016/11/1-2]
 ・第7回グライコバイオロジクス研究会 [PDF: 72KB] [2016/10/25]
 ・BioJapan2016 <産総研ブース プレゼンテーション> [PDF: 193KB] [2016/10/12-14]
2016年 9月 27日 お知らせ 幹細胞工学研究グループが、7/23に開催した 産総研つくばセンター 一般公開 で、サイエンストーク(3. iPS細胞が変えた医療の未来)と 見学ツアー(B. 両生類ふれあいツアー)を開催しました。
2016年 9月 20日 お知らせ イベント・講演会 をアップしました。
伊藤研究グループ長が発表を行います。
 ・BioJapan/再生医療JAPANオープンステージセミナー [2016/10/13]
2016年 8月 25日 お知らせ イベント・講演会 をアップしました。
木村主任研究員が講演を行います。
 ・第1回レクチン利用技術研究会 ワークショップ [PDF: 440KB] [2016/9/12]
→→ 台風の影響で9月12日に延期となりました。
2016年 8月 19日 お知らせ 成松総括研究主幹、久野上級主任研究員が、第14回産学官連携功労者表彰 の 経済産業大臣賞 を受賞しました。
経済産業省 ニュースリリース産総研 ニュース(受賞)
2016年 7月 22日 お知らせ イベント・講演会 をアップしました。
ワークショップで舘野グループ長がオーガナイザーを、成松総括研究主幹、千葉上級主任研究員/高橋研究員、浅田主任研究員が発表を行います。
舘野グループ長、岡谷(永井)研究員、松田博士研究員が口頭発表を行います。
鹿内招聘研究員、Solovieva博士研究員がポスター発表を行います。
 ・第35回日本糖質学会年会 [2016/9/1-3]
2016年 5月 2日 お知らせ 組織改編により、組織図と構成メンバー ページ をアップしました。
2016年 4月 4日 研究成果 ヒト間葉系幹細胞の分化する能力を評価できる技術を開発 -簡便・迅速な評価で再生医療への実用化に貢献-
糖鎖レクチン工学グループ幹細胞工学研究グループ
2016年 4月 1日 お知らせ 組織改編により、組織図と構成メンバー研究グループ紹介 ページ をアップしました。


連絡先

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門

〒305-8568 茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第2
電話:029-861-3253 FAX:029-861-3252
Eメールアドレス

ページの先頭へ