創薬基盤研究部門

現在位置組織 > 創薬基盤研究部門  > 研究グループ紹介 > 幹細胞工学研究グループ

幹細胞工学研究グループ [ 所在地:つくばセンター(中央) ] 

幹細胞工学研究グループは、幹細胞の品質管理・安定供給・標準化の技術開発を行いながら幹細胞を分化させ、創薬・再生医療の基盤技術として利用する研究開発を行っています。それら成果の社会還元を進めることで、健康長寿社会の実現を目指します。

研究課題

ヒトES細胞の品質管理マーカー
ヒトES細胞の品質管理マーカー

幹細胞の品質管理技術の開発

 iPS細胞やES細胞、間葉系幹細胞等をはじめとするヒト幹細胞を用いた創薬や再生医療の基盤となる品質管理技術を開発しています。
良質なiPS/ES細胞、間葉系幹細胞の評価・選別を可能にするバイオマーカーの開発によって培養中の細胞をモニターしたり、培養液や培養添加物を改良することで、より安定的に良質な幹細胞を供給可能とするシステムの開発を行っています。
 さらに、創薬や再生医療で用いる人工的な臓器・組織の作製方法の開発や検証に役立てるために、生体内で特定の細胞が正常に形作られるメカニズムの解明を行っています。

ES細胞から分化させた繊毛細胞
ES細胞から分化させた繊毛細胞

再生医療や安全性評価に利用可能な細胞の作製技術の開発

 iPS細胞やES細胞、間葉系幹細胞などを用いて、目的組織細胞に効率的に分化制御させる基盤技術の開発を行います。

ES細胞から分化させた神経細胞
ES細胞から分化させた神経細胞

幹細胞の制御機構解明と分化技術への応用

 幹細胞を用いた再生医療や創薬研究には、幹細胞を特定の細胞へと高効率に分化させる技術の開発が必要です。私たちは多能性幹細胞や組織幹細胞の制御機構を解明し、それら知見を基にした幹細胞の分化技術を開発します。

器官形成・組織再生メカニズムの解析
(左上) アフリカツメガエル、(右上) ネッタイツメガエル
(左下) アカハライモリ、(左下) イベリアトゲイモリ

器官形成・組織再生メカニズムの解析

 再生医療に利用できる臓器・組織の作製方法を開発するために、生体内で臓器・組織が形作られるメカニズムの解明を行っています。また、両生類は脊椎動物の中で非常に高い再生能力を有しており、その再生メカニズムを解析し、医療へ応用することを目指しています。

ページの先頭へ

研究成果

ページの先頭へ

グループの構成メンバー

役職・名前 メールアドレス
研究グループ長
伊藤 弓弦(Yuzuru ITO)
メールアドレスメールアドレス
主任研究員
小沼 泰子 (Yasuko ONUMA)
メールアドレスメールアドレス
主任研究員
原本 悦和(Yoshikazu HARAMOTO)
メールアドレスメールアドレス
研究員
回渕 修治(Shuuji MAWARIBUCHI)
メールアドレスメールアドレス
研究員
渡邊 朋子(Tomoko WATANABE)
メールアドレスメールアドレス


ページの先頭へ