創薬基盤研究部門

現在位置組織 > 創薬基盤研究部門  > 研究グループ紹介 > 医薬品アッセイデバイス研究グループ

医薬品アッセイデバイス研究グル―プ [ 所在地:つくばセンター(中央) ] 

医薬品アッセイデバイス研究グループは、創薬における医薬品候補化合物の探索、パーソナライズド・メディスン(個別化医療)における処方決定、化学品の安全性評価等に用いることを目的とした、分析・解析・評価技術を開発しています。マイクロプロセスにおいて、ヒト細胞の培養環境を生体内に近づけることによって、既存の培養技術では期待できなかった組織・臓器特異的機能を誘導します。また、複数の臓器機能をチップ上で発現させ、さらにそれぞれを結合することによって、複数臓器の相互作用を再現可能とする技術確立を目指すとともに、細胞膜タンパク質を利用した評価系についても検討しています。

研究課題

12薬剤×8段階濃度×4連のアッセイが可能な集積化チップ(上)とそれを用いてIC50を測定した例(下)
12薬剤×8段階濃度×4連のアッセイが可能な
集積化チップ(上)と、それを用いてIC50を測定した例(下)
Sugiura S., et al.: Anal.Chem., 82, 8278 (2010)

細胞チップ

 マイクロプロセス、特にマイクロフルィディクスを利用して、細胞の培養環境を精密に制御することにより、培養細胞からin vivo に近い機能を引き出します。さらに、複数の臓器・組織機能をマイクロチップ上で再現し、それらのネットワークを形成させることによって、複数臓器/組織間の相互作用、ひいてはADMETをチップ上で再現することを目指します。ヒト株化細胞の他、iPS細胞から樹立される臓器・組織特異的細胞等を用いることにより、標準的な評価法としての確立を目指します。また、患者様から採取した組織によって、患者様に最適な処方を決定する技術への応用も検討しています。

一定サイズの細胞クランプ作製(上)、三次元培養後のがん細胞分離(下)

光による細胞操作技術

 光応答性材料を用いた細胞培養基材と、それを用いた細胞操作技術を開発しています。光応答性材料表面で細胞を培養することにより、光照射部位の細胞を選択的に殺傷したり、低侵襲で剥離回収する技術を開発しています。また、細胞コロニーを光照射によって任意の大きさに切断したり、異種細胞を2次元的に任意に配置して培養することができ、さらには、光分解性ゲルを用いて3次元培養した細胞を、ゲル中から低侵襲で回収可能です。これらの技術は、上記課題でご紹介した細胞チップへの組み込みも可能です。

創薬ツールとしての人工脂質/機能性膜タンパク質複合体の研究開発
 

創薬ツールとしての人工脂質/機能性膜タンパク質複合体の研究開発

 安定な人工脂質膜の設計・機能評価、膜タンパク質ハンドリングツールの設計・機能評価、人工脂質・膜タンパク質複合化、複合体の機能性基板への固定化・機能評価により、安定な脂質・膜タンパク質複合体を利用した創薬ツールの研究開発を進めています。
 基盤研究として、脂質膜構造などを形成可能な古細菌脂質アナログやフッ素鎖型などの人工脂質合成およびそれらの界面物性評価を行っています。また、人工脂質/膜タンパク質複合体からなる膜およびナノディスクを作製しています。

ページの先頭へ

研究成果

ページの先頭へ

グループの構成メンバー

顔写真 役職・名前 メールアドレス
Kanamori Toshiyuki
研究グループ長
金森 敏幸(Toshiyuki KANAMORI)
メールアドレスメールアドレス
Sumaru Kimio
上級主任研究員
須丸 公雄(Kimio SUMARU)
メールアドレスメールアドレス
Sugiura Shinji
上級主任研究員
杉浦 慎治(Shinji SUGIURA)
メールアドレスメールアドレス
Baba Teruhiko
主任研究員
馬場 照彦(Teruhiko BABA)
メールアドレスメールアドレス
Takagi Toshiyuki
主任研究員
高木 俊之(Toshiyuki TAKAGI)
メールアドレスメールアドレス
No image
博士研究員(産総研特別研究員)
山平 真也(Shinya YAMAHIRA)
メールアドレスメールアドレス
No image
テクニカルスタッフ
佐藤 琢(Taku SATOH)
メールアドレスメールアドレス
Morishita Kana
テクニカルスタッフ
森下 加奈(Kana MORISHITA)
メールアドレスメールアドレス
Shin Kazumi
テクニカルスタッフ
進 和美(Kazumi SHIN)
メールアドレスメールアドレス
No image
テクニカルスタッフ
長崎 玲子(Reiko NAGASAKI)
メールアドレスメールアドレス
No image
テクニカルスタッフ
豊田 裕子(Hiroko TOYODA)
メールアドレスメールアドレス

ページの先頭へ