創薬基盤研究部門

現在位置組織 > 創薬基盤研究部門  > 研究グループ紹介 > 細胞グライコーム標的技術グループ

細胞グライコーム標的技術グループ [ 所在地:つくばセンター(中央) ] 

幹細胞や癌細胞表層の複合糖質(細胞グライコーム)を網羅的に解明するための最先端技術を開発して、新たな指標(マーカー)を同定するとともに、その生命機能を明らかにします。更に、独自のタンパク質工学や分子進化工学的手法を駆使して細胞機能を制御するための新たなレクチン/タンパク質/ペプチドを創出し、細胞表層マーカーを高感度に検出、選別するシステムを開発します。創薬や再生医療をはじめとした広くライフサイエンス分野に貢献する実用的な技術を開発して、産業界に橋渡しすることを目的としています。

研究課題

レクチンを活用した再生医療・創薬基盤技術の開発と実用化

レクチンを活用した再生医療・創薬基盤技術の開発と実用化

 糖鎖レクチン工学技術(高密度レクチンアレイ、糖鎖複合体アレイ、フロンタル・アフィニティークロマトグラフィー、組み換えレクチンライブラリー、レクチン改変技術等)を活用して、幹細胞品質管理技術、創薬支援技術、生体機能評価技術を開発し、企業への橋渡しを推進します。これまでに高密度レクチンアレイを用いてヒトiPS/ES細胞特異的レクチン(rBC2LCN/AiLecS1)を発見し、企業との共同研究を通して、本レクチンを用いたヒトiPS/ES細胞検出・除去技術の実用化に成功しています。

次世代糖鎖分析技術の開発と応用

次世代糖鎖分析技術の開発と応用

 ムチンはたくさんの糖鎖に覆われた巨大な糖タンパク質です。生体内では粘膜の構成成分である他、唾液や涙などにも含まれており、がんや感染等との関連が古くから示唆されています。私たちは、ムチンの簡便分析に利用できる新しい膜電気泳動法「分子マトリクス電気泳動法」を開発し、疾患バイオマーカーの探索に応用しています。また、バイオ医薬品の糖鎖不均一性を調べるための新しい方法論の開発を進め、次世代のバイオ医薬品製造技術に役立てることを目指しています。

細胞増殖因子の機能発現に果たす糖鎖機能等の解明とその利用技術の開発
 


細胞増殖因子の機能発現に果たす糖鎖機能等の解明とその利用技術の開発

 細胞の増殖・分化等を制御する細胞増殖因子を研究対象とし、糖鎖等によるその機能修飾に着眼して、生理活性蛋白質の機能制御メカニズムを明らかにすることを目指しています。得られた知見をもとに糖鎖等を利用した新規生理活性物質の創製を行い、これらを利用することで、創薬と医療支援に係る産業の振興に資することを目標としています。

細胞表面タンパク質等を標的としたペプチド創薬技術の開発

細胞表面タンパク質等を標的としたペプチド創薬技術の開発

 細胞膜上のイオンチャネルやトランスポーター等は生体機能に重要な役割を果たしており、医薬品開発における標的分子として有望です。疾病時の糖鎖によるイオンチャネルの機能修飾が知られており、例えば、糖尿病性神経障害における修飾は激しい痛みを引き起こすので、このイオンチャネルを標的とした医薬品を創製できれば、良い鎮痛剤となると考えられます。開発中のPERISS法と電気生理学的手法により次世代ペプチド医薬品の創製を目指します。

ページの先頭へ

研究成果

ページの先頭へ

グループの構成メンバー

顔写真 役職・名前 メールアドレス、ホームページ
Tateno Hiroaki
細胞グライコーム標的技術グループ長
舘野 浩章(Hiroaki TATENO)
メールアドレスメールアドレス
ホームページURLhttps://staff.aist.go.jp/h-tateno/
No photo
副研究部門長(主務)
鈴木 理(Masashi SUZUKI)
メールアドレスメールアドレス
No photo
首席研究員
平林 淳(Jun HIRABAYASHI)
メールアドレスメールアドレス
No photo
上級主任研究員
亀山 昭彦(Akihiko KAMEYAMA)
メールアドレスメールアドレス
No photo
主任研究員
浅田 眞弘(Masahiro ASADA)
メールアドレスメールアドレス
No photo
主任研究員
木村 忠史(Tadashi KIMURA)
メールアドレスメールアドレス

ページの先頭へ