現在位置> 組織 > 研究センター > 幹細胞工学研究センター > 研究チーム紹介 > 幹細胞制御研究チーム メニュースキップ

     研究チームの概要   |   研究テーマ   |   研究成果


当チームは、ES細胞、iPS細胞、間葉系幹細胞、神経幹細胞等が成体組織の様々な細胞へと分化するメカニズムを明らかにすることでこの過程を精密にコントロールし、目的細胞への選択的分化を実現することを大きな目標としています。

主な研究テーマ

1. 幹細胞の分化制御のしくみの解明と高精度分化制御技術の開発
2. 幹細胞の未分化状態をコントロールするしくみの解明


大学院生募集中
    
幹細胞制御研究チームと器官発生工学研究チームは、筑波大学大学院生物科学専攻(連携大学院)で修士課程、博士課程の大学院生を募集しています。当センターの充実した研究環境で研究しながら、近くの筑波大学で授業を受講することができます。東京秋葉原からつくばエキスプレスで45分で、つくば駅までと東京近郊の素晴らしい環境で研究することができます。  お気軽にメールでお問い合わせ下さい。

筑波大学大学院 生物科学研究科 器官発生工学分野 (連携大学院) 栗崎 晃       募集要項はこちら。


研究室の様子(器官発生・幹細胞制御 合同研究室)
SCDRT-TOP
ページの先頭へ