現在位置> 組織 > 研究センター > 幹細胞工学研究センター > 研究チーム紹介 メニュースキップ


ES細胞やiPS細胞、間葉系幹細胞などを効率的に分化制御する技術の開発を進めます。特に、臓器形成ロードマップ因子や産総研のもつバイオリソースを活用して分化制御技術を開発します。
試験管内で容易に臓器形成を行うことができるモデル生物(アフリカツメガエル)を利用して、ヒト幹細胞を効率的に分化制御するために必要な臓器づくりの設計図(臓器形成ロードマップ)の作成を進めます。
遺伝子工学・細胞工学の技術開発を通じて、「安全性の高いヒトiPS細胞」「難病治療に有効なバイオ医薬品」など、先端医療・先端創薬に貢献することを目指しています。
現行の細胞アッセイ技術であるマルチウェルプレート、自動分注装置およびプレートリーダーの組み合わせを凌駕する細胞アッセイシステムを開発します。
糖鎖プロファイリングという先進技術を用い、幹細胞等の評価システム構築を行うとともに、レクチンの開発や産業応用に向けた基盤研究を行っています。
間葉系幹細胞を多量に含む脂肪組織のディープシーケンス解析から、mRNAやnon-codingRNA等の遺伝子発現とゲノム修飾機構の解明を行い、脂肪組織の全容解明に挑戦する新しいチームです。シーケンスデータと分化制御技術を駆使し、脂肪幹細胞を用いた再生医療用人工器官(メタボリックペースメーカー)の制御と開発を目指します。
連絡先;y-kidaアットaist.go.jp
ページの先頭へ