現在位置> 組織 > 研究センター > 幹細胞工学研究センター > 研究成果 招待講演 メニュースキップ

招待講演 (国際学会)

2010年 1. Akira Kurisaki: Proteomic Analysis of Membrane Proteins Expressed Specifically in Pluripotent Murine Embryonic Stem Cells, BIT's 3st Annual World Congress of PepCon-2010, 北京, 2010年03月
2008年 1. Sumaru K.: Formation of elaborately-patterned co-culture system by photo-control of cell adhesion, First International Symposium on Interdisciplinary Materials, Tsukuba, 2008年3月
2007年 1. Nakanishi M.:From Delivery to Expression: Development of Persistent RNA Vectors, A3 Foresight Program Tokyo Seminar, Tokyo, 2007年12月
2006年 1. Ichikawa S., Saeki D., Sugiura S., Baba T., Kanamori T., Sato S., Mukataka H.: Hetero-Selective Fusion of Oppositely Charged Lipid Vesicles for Microreactor, 4th International Symposium on Engineering Science of Liposome, Zürich / Switzerland, 2006年9月


招待講演 (国内学会)

2010年 1. 栗崎 晃: A novel chromatin-related factor that regulates the pluripotency of embryonic stem cells in a phosphorylation-dependent manner, 第9回 日本再生医療学会大会 シンポジウム, 広島, 2010年03月
2009年 1. 中西真人:「先端利用への応用に向けた安全性の高いiPS細胞の開発」、ナノバイオExpo2009, 東京、2009年2月
2008年 1. 中西真人・西村健・大高真奈美・瀬川宏知・佐野将之・梅村洋子:「持続発現型センダイウイルスベクターの開発と応用」、遺伝子デリバリー研究会第8回シンポジウム、大阪、2008年5月
2007年 1. 中西真人・西村健・瀬川宏知・大高真奈美・暁波:「長期持続発現が可能なセンダイウイルスベクターの開発」、第23回日本DDS学会総会、熊本、2007年6月
2006年 1. 金森敏幸: 現状を嘆いていても始まらない!〜何のための科学技術か?〜, 第44回日本人工臓器学会大会, 横浜, 2006年10月
2. 杉浦 慎治: マイクロ流体プロセスを用いた微粒子製造技術と集積化流体プロセスに向けた流体制御技術, 化学工学会室蘭大会, 室蘭, 2006年8月
3. 中西真人:「持続発現型センダイウイルスベクターの開発」、第22回日本DDS学会総会、東京、2006年7月












ページの先頭へ