現在位置> 組織 > 研究センター > 幹細胞工学研究センター > 研究成果 著書・総説 メニュースキップ

著書・総説 (英文)

2011年 1. 浅島誠、伊藤弓弦、栗崎晃 (2011)発生学から見た再生医療、再生医療 10(3), pp17-33(2011).

2010年 1. Makoto Asashima, Tatsuo Michiue, Kiyoshi Ohnuma, Yoshiro Nakajima, and Yuzuru Ito: Chapter 3 Mechanobiology During Vertebrate Organ Development, Mechanosensing Biology, pp39-49, Springer (2010).
2. Kurisaki A, Ito Y, Onuma Y, Intoh A, Asashima M: In vitro organogenesis using multipotent cells. Human Cell, 23: 1-14(2010).

2009年 1. Ariizumi, T., Takahashi, S., Chan, T.C., Ito, Y., Michiue, T., Asashima, M.: Isolation and differentiation of Xenopus animal cap cells, Curr Protoc Stem Cell Biol., Chapter 1:Unit 1D.5. (2009).
2. Asashima, M., Ito, Y., Chan, T., Michiue, T., Nakanishi, M., Suzuki, K., Hitachi, K., Okabayashi, K., Kondow, A., Ariizumi, T.: In vitro organogenesis from undifferentiated cells in Xenopus, Dev. Dyn., 238, 1309-1320 (2009).
3. Kurisaki, A., Ito Y., Onuma, Y., Intoh, A., Asashima, M.: In vitro organogenesis using multipotent cells, Human Cell , in press (2009).
4. Ito, Y., Nakajima, Y., Akiduki, S., Kitamoto, J., Shimazu, T., Uchida, S., Yano, S., Fukui, A., Michiue, T., Ikuzawa, M., Asashima, M.: Global gene expression analysis of Xenopus cells cultured in a simulated microgravity environment and Space Flight Experiment in the International Space Station (KIBO), Biological Sciences in Space, in press(2009).

2008年 1. Asashima, M, Kurisaki, A, and Michiue, T:In vitro control of organogenesis by ActivinA treatment of amphibian and mouse stem cells. Stem cells: from Hydra to man, Springer, 113-128(2008).
2. Asashima, M, Michiue, T, and Kurisaki, A:Activin and Organogenesis: study of multiple organ induction system in vitro with amphibian and mouse undifferentiated cells. Develop Growth., Differ., 50, S35-45(2008).

2006年 1. Masayuki Sano and Kazunari Taira: Potentials of a ribozyme based gene discovery system, Small RNA, Nucleic Acids and Molecular Biology, Springer-Verlag, Berlin, Germany, 17, 201-215(2006).
2. Masayuki Sano and Kazunari Taira: Catalytic RNAs. Encyclopedic Reference of Genomics and Proteomics in Molecular Medicine, Springer-Verlag, Berlin, Germany, 219-225(2006) (09/18/2006 September 18 in online).
3. Masayuki Sano and Kazunari Taira. Hammerhead Ribozyme-Based Target Discovery, Methods in Molecular Biology, vol.360: Target Discovery and Validation Reviews and Protocols Volume I, (ed) M. Sioud., 143-153(2006).

著書・総説 (和文)

2010年 1. 中西真人:「iPS細胞のがん化の考察」、再生医療、9, 216-221(2010).
2. 須丸公雄, 杉浦慎治, 高木俊之, 金森敏幸:“光応答収縮ゲルによるバイオチップの光制御”, 食品・化粧品・医療分野へのゲルの利用(西成勝好, 梶原莞爾, 長崎幸夫, 金田勇監修), シーエムシー出版, 東京、206-210 (2010).
3. 高木俊之, 高井克毅, 馬場照彦, 金森敏幸: バイオ材料としての部分フッ素化リン脂質液晶膜の開発, 有機合成化学協会誌 , 68(3), 206-216 (2010).
4. 浅島誠、中島由郎、矢野幸子、内田智子、嶋津徹、伊藤弓弦:「DomeGene」宇宙環境が両生類培養細胞に及ぼす影響、生物工学 88(6), 285-287 (2010).

2009年 1. 中西真人・西村健・大高真奈美・佐野将之・酒井菜絵子:「細胞質で持続的に遺伝子を発現できる新規ベクター開発と先端医療への応用」、「iPS細胞の産業的応用技術」(山中伸弥監修、シーエムシー出版)、2009年9月
2. 中西真人:「ウイルス由来粒子による細胞の機能制御」、高分子、58, 121-124(2009).
3. 中西真人・西村健・大高真奈美・佐野将之:「安全なiPS細胞作製に向けた新型センダイウイルスベクターの開発」、「幹細胞の分化誘導と応用」((株)エヌ・ティーエス)、2009年2月
4. 浅島誠、道上達男、伊藤弓弦: 発生学をささえるカエルがわかる、研究をささえるモデル生物 実験室いきものガイド(吉川寛・堀寛編)、化学同人、54-63(2009).
5. 矢尾板芳郎、伊藤弓弦、浅島 誠: 両生類実験動物 Xenopus tropicalisを中心として、バイオリソース&データベース活用術(細胞工学別冊)、秀潤社、158-160(2009).
6. 栗崎 晃、浅島 誠:幹細胞の標準化へのアプローチ. iPS細胞の産業的応用技術, CMC出版(2009).
7. 栗崎 晃、印東 厚、浅島 誠:動物における器官再生. 化学と教育, 57, 450-453(2009).

2008年 1. 中西真人・栗崎晃・浅島誠:「ES細胞(胚性幹細胞)とiPS細胞(人工多能性幹細胞)の基礎」、ファルマシア、44, 1047-1051(2008).
2. 金森敏幸:血液透析濾過の原理と方法 性能評価, “血液浄化療法 2009(北岡建樹, 秋澤忠男, 佐中孜, 服部元史, 堀江重郎, 新田孝作編集)”, 東京医学社,139-142(2008).
3. 須丸公雄, 金森敏幸:光照射による細胞のパターンニング, 細胞分離・操作技術の最前線(福田敏男, 新井史人監修), シーエムシー出版, 東京, 165-176(2008).
4. 須丸公雄, 杉浦慎治, 金森敏幸:光応答収縮ゲル, “医療用ゲルの最新技術と開発(吉田亮監修)”, シーエムシー出版, 東京,111-121 (2008).
5. 須丸公雄, 金森敏幸:スピロピランポリマー系の光可逆制御とその応用, “光機能性高分子材料の新たな潮流(市村國宏監修)”, シーエムシー出版, 東京,97-108(2008).
6. 金森敏幸: 血液透析濾過の原理と方法, 性能評価, 腎と透析, 139-142 (2008).
7. 浅島誠、中島由郎、秋月さおり、生澤昌之、伊藤弓弦: 微小重力環境下における両生類培養細胞の形態形成変化を探る、JASMA 日本マイクログラビティ応用学会誌 25(4), 691-694(2008).
8. 写真で見る生命科学 Overview of Life Science東京大学生命科学構造化センター 編 (執筆者に伊藤弓弦、小沼泰子)(2008).

2007年 1. 中西真人・江口暁子:「ナノバイオテクノロジーを応用した新しい遺伝子導入系の開発」、ケミカルエンジニヤリング、52, 415-420(2007).
2. 中西真人・西村健・瀬川宏知・岡部潤・大高真奈美・暁波:「持続発現型センダイウイルスベクターの開発と再生医療への応用」、再生医療、6 39-44(2007).
3. 須丸公雄, 金森敏幸:光を用いたオンデマンド細胞ハターニング, “動物実験代替のためのバイオマテリアル・デバイス(酒井康行, 民谷栄一監修)”, シーエムシー出版, 東京, 111-121(2007).
4. 須丸公雄, 金森敏幸: 培養細胞の基材接着を光で自在に制御する技術, 化学工業, 58(3), 186-189 (2007).
5. 須丸公雄, 金森敏幸: 細胞の接着状態を光で自在制御する技術, レーザー研究, 35(7), 436-440 (2007).
6. 杉浦慎治, 須丸公雄, 枝廣純一, 金森敏幸: 「光」が拓くバイオチップの機能化技術, バイオサイエンスとインダストリー , 65(44), 555-557 (2007).
7. 須丸公雄, 金森敏幸: 光応答性ポリマー材料表面のin situ局所制御, 表面技術, 58(9), 522-525 (2007).
8. 須丸公雄, 金森敏幸: 光で細胞の接着状態を自在に制御する技術, 膜, 32(5), 271-275 (2007).
9. 矢尾板芳郎、伊藤弓弦、浅島 誠: Xenopus tropicalisと生命科学、細胞工、秀潤社、26(5), 568-570(2007).

2006年 1. 有泉高史、高橋秀治、伊藤弓弦、浅島誠: 両生類の器官形成、再生医療のための発生生物学、コロナ社, 90-108(2006).
2. 伊藤弓弦、浅島誠: 脊椎動物の未分化細胞を用いての臓器形成およびそれらの移植と遺伝子発現、循環制御 27(3), 224-231(2006).
3. 栗崎 晃、浅島 誠:アクチビンと胚発育. 臨床分子内分泌学4−生殖内分泌系日本臨床社, 297-304(2006).
4. 栗崎 晃:幹細胞のプロテオミクス, 分子呼吸器病, 10, 87-91(2006).












ページの先頭へ