> 組織 > 研究センター > 糖鎖創薬技術研究センター > 医工連携推進班
 HOME
 メンバー
 研究業績


〒305-8568
茨城県つくば市
梅園1-1-1
産業技術総合研究所
中央第2-12
糖鎖創薬技術研究センター
医工連携推進班
TEL:029-861-3196

FAX:029-861-3201




組織改編のため 平成27年4月1日より
創薬基盤研究部門 糖鎖技術研究グループ となりました。
引っ越し先URL https://unit.aist.go.jp/brd/jp/index.html
今後ともよろしくお願い致します。

医工連携推進班(Glycodiagnosis & Drug Translation Research Party)は、当センターが開発したグライコミクスのための先端技術を実用化することで、健康を守る技術としての産業応用、糖鎖が密接に絡む生命現象(がん、発生、感染、免疫など)の解明による社会還元を目指しています。
 糖鎖は、核酸、タンパク質に次ぐ第3の生命鎖を形成する生体情報高分子であり、多くの疾患との関わりは周知の事実です。一方、その解析技術は他の両者に比べると必ずしも汎用的ではなく、技術を活用した、診断技術が生まれにくい環境にあります。
 われわれは、先端技術により産み出された糖鎖バイオマーカーを市民病院等で測定できるよう、技術の開発と並行して、汎用的な診断技術への橋渡し研究を行います。
 われわれは、前身センターで開発したレクチンマイクロアレイ技術、NEDOプロジェクトSG、MGで蓄積されたノウハウを応用研究の基盤としています。


当班で公開しているデータベース
レクチンフロンティアデータベース(LfDB)
  


新着情報
  2015.01 原著論文発表しました。

 
  2014.12 ポスター発表口頭発表しました。
The 6th ACGG conference

 
  2014.11  口頭発表しました。
第61回日本臨床検査医学会

 
  2014.10 依頼講演ポスター発表しました。
第87回日本生化学会大会

 
  2014.10  口頭発表しました。
BioJapan 2014 World Business Forum

 
  2014.10 ポスター発表しました。
HUPO 13th Annual World Congress (Madrid 2014)