糖鎖医工学研究センターへ
AIST-ink RCMG-link

マーカー探索技術開発チームについて

 生体内で糖鎖の合成を担うのは小胞体やゴルジ装置に存在する糖転移酵素、硫酸基転移酵素、糖ヌクレオチド輸送体などです。私たちはこれらの遺伝子をまとめて糖鎖遺伝子(GlycoGene)と呼んでいます。マーカー探索技術開発チームではヒトの糖鎖遺伝子を網羅的にクローニングし、糖鎖遺伝子データベース(GGDB)を構築してきました。その中でも特に重要な遺伝子に関しては、ノックアウトマウスを作製し、糖鎖の生物学的な機能解析を進めています。また、糖転移酵素の結晶化・X線構造解析を行い、より詳細な酵素反応機構の解析も行っています。
 さらに、糖鎖の受容体であるレクチン分子に関しても、バイオインフォマティックスを用いてヒトのデータベースから新規なレクチン分子を検索し、糖鎖との結合特異性解析を他のチームと共同で進めています。
 糖鎖構造は癌などの疾患や細胞の分化によって大きく変化します。私たちは疾患と糖鎖変化の関係を糖鎖遺伝子発現、糖鎖構造の両面から解析し、糖鎖・糖タンパク質に特化したバイオマーカーの開発を目指して行きます。

当チームで公開しているデータベース

糖鎖関連遺伝子のデータベース(Glycogene Database: GGDB)
糖鎖に関連する遺伝子(糖転移酵素遺伝子など)の各種情報についてのデータベースです。

新着情報

トピック

糖鎖医工学研究センターについてはこちら