現在位置> 組織 > 研究センター > 糖鎖医工学研究センター > 研究成果 > 公開特許 メニュースキップ

 

糖鎖医工学研究センター

公開特許
糖鎖医工学研究センターのこれまでの公開特許の一覧です。

公開特許

出願日 発明の名称 国内登録番号
(* 公開番号)
国際出願/US, EP
登録番号(* 公開番号)
2010年12月6日 硫酸化糖鎖を有するタンパク質 特開2012-121820 *  
2010年12月2日 免疫性を有するペプチド(Theileria orientalis ToMRP抗原) 特開2012-116797 *  
2010年10月7日 免疫性を有するペプチド 特開2012-082141 *  
2010年7月5日 医療用プラズマ照射装置   WO12/005132
2009年8月14日 特定の糖鎖構造を有する糖タンパク質を検出することにより癌を検出する方法 特開2011-038952 *  
2009年7月17日 電気泳動用支持体およびそれを用いた生体成分の分析法 特開2011-039043 * WO11/007857A1
2009年7月14日 肝疾患病態指標糖鎖マーカー   WO11/007764A1
2009年6月17日 プラズマ照射装置 特開2011-000224 *  
2009年5月11日 細胞の状態を判別する方法   WO10/131641A1
2009年4月14日 生体高分子の泳動分離・検出方法、および該方法に用いる電気泳動用支持体 特開2010-266431 *  
2008年12月25日 硫酸化糖鎖を有する糖ペプチドを濃縮する方法及びそのためのキット 特開2010-148442 *  
2008年11月17日 糖鎖バイオマーカーによる特発性正常圧水頭症の診断方法 特開2010-121980 *  
2008年10月2日 ヒト肺癌細胞株 特開2010-081918 *  
2008年9月26日 ウシタイレリア症の病態評価を可能とする方法 特開2010-075121 *  
2008年7月25日 炎症性疾患モデル動物 特開2010-029078 *  
2008年7月10日 シグレック14遺伝子の多型に基づく対立遺伝子型の検出用試薬 特開2010-035551 * WO10/005067A1
2008年4月4日 疎水性ポリマー膜を有する電気泳動用支持体及びそれを用いた泳動分離方法(電気泳動用PVDF膜およびそれを用いた糖タンパク質の分離方法) 特開2009-265078 * WO09/123303A1
2008年3月26日 糖化合物の質量分析法 特開2009-236600 *  
2007年12月28日 生体成分を化学修飾する方法 特開2009-162530 *  
2006年12月15日 精巣に発現する糖鎖関連酵素調節因子O-16 特許第5083593号  
2006年4月18日 グルコース転移酵素を含む糖転移作用剤 特許第4911403号  
2005年7月12日 新規糖鎖認識蛋白質及びその遺伝子 第4604184号  
2005年6月23日 糖鎖あるいは複合糖質の解析装置 第4565237号 WO06/137311A1
2005年6月17日 新規糖鎖認識タンパク質及びその遺伝子 第4423394号  
2005年4月13日 糖鎖構造を予測する方法 第4599602号 WO06/112343A1
2005年2月17日 転移酵素による化合物ライブラリーおよびその製造方法 特開2006-223198 * US2006183155A1 *
2004年10月22日 組織の癌化の検出方法 第4636533号  
2004年8月20日 糖鎖断片化パターン解析装置および糖鎖断片化パターン解析方法 第4392487号 US2006041388A1 *
2004年8月19日 N−アセチルガラクトサミン転移酵素の改変体 第4251402号  
2004年7月7日 β1,3−N−アセチルグルコサミン転移酵素を含む、細胞移動活性および/または細胞分化を調節する医薬組成物 第4565177号  
2004年5月21日 O結合型糖鎖が付加されたペプチドのスクリーニング方法 第4251399号  
2004年3月19日 糖鎖構造同定方法及び同解析装置 第4025850号 WO05/090963A1
2003年12月25日 タンパク質と糖鎖との相互作用を分析する方法 第4374447号 WO05/064333A1
2003年12月25日 糖鎖構造プロファイリング技術 第4515387号
第4824119号(分割)
WO05/064327A1
US2007167608A1 *
2003年11月27日 出芽酵母アピラーゼの結晶および該結晶の製造方法 第4192239号  
2003年8月26日 糖鎖切断剤 再公表2005-019465 * WO05/019465A1
2003年1月23日 β1,3−N−アセチル−D−ガラクトサミン転移酵素タンパク質及びそれをコードする核酸、並びにそれを用いた癌化検定方法 特開2005-065687 * WO04/065605A1
2002年12月27日 糖転移酵素、該糖転移酵素をコードする核酸及び該核酸を用いた癌化検定方法 第4608694号 WO04/061109A1
US7396666B2
2002年12月27日 活性硫酸運搬作用を有するタンパク質、組織の癌化の検出方法 第4317984号 US2004208867A1 *
2002年11月21日 Ii血液型の判定方法 第4300250号  
2002年8月14日 新規N−アセチルガラクトサミン転移酵素およびそれをコードする核酸 第4186004号 US7494800B2
EP1551976B1
2002年5月31日 コンドロイチン合成酵素および該酵素をコードするDNA 第4333880号 US7273729B2
EP1514940B1
US7470529B2(分割)
2002年5月31日 コンドロイチン合成酵素および該酵素をコードする核酸 第4338038号 US7232676B2
EP1514939B1
2002年4月30日 糖転移作用剤 第4171791号  
2002年3月14日 新規N−アセチルグルコサミン転移酵素、それをコードする核酸並びにこれらの癌及び/又は腫瘍診断用途 第4378175号 US7223580B2
EP1491630B1
US2007178557A1 *(分割)
2002年3月4日 硫酸基転移酵素、そのポリペプチド及びそれをコードするDNA 第4288327号 WO03/074708A1
US7232675B2
2002年1月31日 新規N−アセチルガラクトサミン転移酵素及びそれをコードする核酸 第4253704号 WO03/064645A1
2001年12月28日 新規UDP−N−アセチル−D−ガラクトサミン:ポリペプチドN−アセチルガラクトサミン転移酵素及びこれをコードする核酸 特開2003-199573 * WO03/057879A1
2001年12月28日 新規N−アセチルグルコサミン転移酵素及びそれをコードする核酸 第4300267号 WO03/057868A1
2001年10月16日 新規N−アセチルグルコサミン転移酵素、それをコードする核酸及びそれに対する抗体並びにこれらの癌若しくは腫瘍診断用途 再公表2003-033710 * US7323324B2
EP1447448B1

 

 

 

ページの先頭へ