現在位置> 組織 > 研究センター > 糖鎖創薬技術研究センター > 研究成果 > 口頭発表 メニュースキップ

 

糖鎖創薬技術研究センター

口頭発表
糖鎖創薬技術研究センターのこれまでの学会発表や招待講演の一覧です。

2015 >> 2014 >>
口頭発表 2014

発表日 2014年12月18日 (招待講演)
タイトル 糖鎖解析による疾患バイオマーカー探索の最前線
発表者 成松 久
開催地 日本医師会館 大講堂(東京)
開催者 第146回日本医学会シンポジウム
発表日 2014年12月12日 (一般口頭発表)
タイトル A new JCGGDB Plan for Semantic Web
発表者 Toshihide Shikanai
開催地 Hyderabad, India
開催者 Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology (6th ACGG)
発表日 2014年12月11日 (一般口頭発表)
タイトル Analysis and targeting of glycosylation in HBV secretions
発表者 Kiyohiko Angata
開催地 Hyderabad, India
開催者 Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology (6th ACGG)
発表日 2014年12月11日 (一般口頭発表)
タイトル High-sensitive detection of MUC1 glycosylation by glycan profiling with an antibody-overlay lectin microarray
発表者 Atsushi Matsuda
開催地 Hyderabad, India
開催者 Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology (6th ACGG)
発表日 2014年12月11日 (一般口頭発表)
タイトル Comprehensive identification of glycoproteins carrying Lewis x and site-specific glycan alteration in Fut9 knockout mice
発表者 ○Erika Noro, Akira Togayachi, Takashi Sato, Azusa Tomioka, Mika Fujita, Masako Sukegawa, Nami Suzuki, Hiroyuki Kaji, Hisashi Narimatsu
開催地 Hyderabad, India
開催者 Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology (6th ACGG)
発表日 2014年12月10日 (依頼講演)
タイトル Past, present and future of glycogene: From discovery of the first mammalian glycotransferase gene to the future task
発表者 Hisashi Narimatsu
開催地 Hyderabad, India
開催者 Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology (6th ACGG)
発表日 2014年12月10日 (ポスター発表)
タイトル Recent progress in N- and O-glycome mapping of mouse FFPE tissue sections
発表者 Atsushi Kuno
開催地 Hyderabad, India
開催者 Asian Community of Glycoscience and Glycotechnology (6th ACGG)
発表日 2014年12月5日
タイトル 糖鎖模倣ペプチドによる悪性腫瘍治療薬
発表者 福田 道子
開催地 東京医科歯科大学 鈴木章夫記念講堂
開催者 第12回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム
発表日 2014年11月26日 (ポスター発表)
タイトル 結晶構造を基にしたノロウイルスキャプシドタンパク質とルイス抗原との結合エネルギー解析
Calculation of interaction energy between Norovirus capsid protein and Lewis antigen based on protein crystallography
発表者 ○久保田 智巳、石田 豊和、白土 東子
開催地 パシフィコ横浜
開催者 第37回日本分子生物学会年会
発表日 2014年11月23日
タイトル 肝線維化の進展度を判断するのに有効な糖鎖バイオマーカーとその迅速検出システムの開発
発表者 ○久野 敦、成松 久
開催地 福岡国際会議場
開催者 第61回日本臨床検査医学会
発表日 2014年11月19日 (招待講演)
タイトル A heterozygous mutation of glycosyltransferase-like gene causes asthenozoospermia
発表者 Hisashi Narimatsu
開催地 Honolulu, Hawaii
開催者 SFG & JSCR 2014 Joint Annual Meeting
発表日 2014年11月18日 (ポスター発表)
タイトル Mutational studies of an endo-β-N-acetylglucosaminidase from Ogataea minuta (Endo-Om)
発表者 Satoshi Murakami, Akiko Komatsuzaki, Toshihiko Kitajima, ○Yasunori Chiba
開催地 Honolulu, Hawaii
開催者 SFG & JSCR 2014 Joint Annual Meeting
発表日 2014年11月16日〜19日 (ポスター発表)
タイトル Next JCGGDB Plan for Semantic Web
発表者 ○Toshihide Shikanai, Noriaki Fujita, Yoshinori Suzuki, Elena Solovieva, Kiyoko Aoki-Kinoshita, Madoka Soyama, Atsushi Kuno, Hiroyuki Kaji, Hisashi Narimatsu
開催地 Honolulu, Hawaii
開催者 SFG & JSCR 2014 Joint Annual Meeting
発表日 2014年11月8日 (招待講演)
タイトル 糖鎖科学の進捗と疾患診断への応用
発表者 成松 久
開催地 アルファあなぶきホール(高松市)
開催者 第66回日本皮膚科学会 西部支部学術大会
発表日 2014年11月1日 (一般口頭発表)
タイトル ENGase に関するオールジャパンの取り組みへ向けて
発表者 千葉 靖典
開催地 臨床研究情報センター(神戸)
開催者 第5回グライコバイオロジクス研究会
発表日 2014年10月23日
タイトル 疾患糖鎖マーカー開発戦略 -肝線維化マーカーを例として-
発表者 成松 久
開催地 ポートピアホテル(神戸)
開催者 第18回日本肝臓学会大会(JDDW2014内)
発表日 2014年10月18日 (依頼講演)
タイトル 糖鎖微小環境の変化を捉える解析技術とその医学的分野への応用
発表者 ○久野 敦、松田 厚志
開催地 国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都
開催者 第87回日本生化学会大会
発表日 2014年10月18日 (ポスター発表)
タイトル モノクローナル HBs 抗体を用いたB 型肝炎ウイルス粒子高感度糖鎖プロファイリング
発表者 ○我妻 孝則、久野 敦、齋藤 こずえ、安形 清彦、田尻 和人、高橋 順子、近藤 美幸、是永 匡紹、溝上 雅史、成松 久
開催地 国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都
開催者 第87回日本生化学会大会
発表日 2014年10月15〜18日 (ポスター発表)
タイトル ノダフジレクチンの遺伝子同定と糖鎖結合特異性解析
Gene identification and glycan binding analysis of Wisteria floribunda lectin
発表者 ○佐藤 隆、舘野 浩章、梶 裕之、千葉 靖典、久保田 智巳、平林 淳、成松 久
開催地 国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都
開催者 第87回日本生化学会大会
発表日 2014年10月16日 (ポスター発表)
タイトル 組換え型ノダフジレクチンの酵母での発現
Production of the recom binant WFA in yeast
発表者 ○清水 明, 佐藤 隆, 舘野 浩章, 久保田 智巳, 成松 久, 千葉 靖典
開催地 国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都
開催者 第87回日本生化学会大会
発表日 2014年10月16日 (ポスター発表)
タイトル α1,3-フコース転移酵素9ノックアウトマウスを用いた糖鎖および糖タンパク質の網 羅的な解析
発表者 ○野呂 絵里花、栂谷内 晶、佐藤 隆、富岡 あづさ、藤田 弥佳、助川 昌子、鈴木 奈美、梶 裕之、成松 久
開催地 国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都
開催者 第87回日本生化学会大会
発表日 2014年10月15日 (ポスター発表)
タイトル Heterologous expression of endo-beta-N-acetylglucosaminidase from Ogataea minuta
発表者 ○Toshihiko Kitajima, Akiko Komatsuzaki, Yuanling Jia, Satoshi Murakami, Xiao-Dong Gao, Yasunori Chiba
開催地 国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都
開催者 第87回日本生化学会大会
発表日 2014年10月15日 (ポスター発表)
タイトル 均一な糖鎖構造を有する抗体Fc領域の生産
発表者 ○千葉 靖典、高橋 佳江、平林 淳
開催地 国立京都国際会館/グランドプリンスホテル京都
開催者 第87回日本生化学会大会
発表日 2014年10月15日 (依頼講演)
タイトル 糖タンパク質マーカーによる疾患検出・診断技術
Glyco-diagnostics: a reliable way for disease detection and diagnosis assisted by glycoprotein markers
発表者 久野 敦
開催地 パシフィコ横浜
開催者 BioJapan2014
発表日 2014年10月7日 (招待講演 (Keynote Lecture))
タイトル COMBINATION OF GLYCOPROTEOMICS TECHNOLOGIES UTILIZED IN SUCCESSFUL DEVELOPMENT OF DIAGNOSTIC SYSTEMS
発表者 Hisashi Narimatsu
開催地 Madrid, Spain
開催者 HUPO 13th Annual World Congress (Madrid 2014)
発表日 2014年10月7日 (ポスター発表)
タイトル Development and application of a method for the glycopeptide-based site-specific glycomic analysis
発表者 ○梶 裕之、富岡 あづさ、野呂 絵里花、曽我部 万紀、佐藤 隆、鹿内 俊秀、成松 久
開催地 Madrid, Spain
開催者 HUPO 13th Annual World Congress (Madrid 2014)
発表日 2014年10月6日 (ポスター発表)
タイトル Construction of the standard method for mouse tissue glycome mapping in HUPO BD-GPP initiative
発表者 ○久野 敦、岩城 隼、吉田 真樹、松田 厚志、佐藤 隆、板倉 陽子、豊田 雅士、譚 斌斌、Sheng-Ce Tao、Yan Zhang、梶 裕之、成松 久
開催地 Madrid, Spain
開催者 HUPO 13th Annual World Congress (Madrid 2014)
発表日 2014年10月6日 (ポスター発表)
タイトル High-sensitive differential glycan profiling of serum MUC1 toward the development of a glycol-diagnostic agent for cholangiocarcinoma
発表者 ○Atsushi Matsuda, Atsushi Kuno, Nakagawa Tomomi, Yuzuru Ikehara, Tatsuro Irimura, Junichi Shoda, Hisashi Narimatsu
開催地 Madrid, Spain
開催者 HUPO 13th Annual World Congress (Madrid 2014)
発表日 2014年10月6日 (ポスター発表)
タイトル Comprehensive identification of glycoproteins carrying Lewis x and site-specific glycan alteration in Fut9 knockout mice
発表者 ○野呂 絵里花、栂谷内 晶、佐藤 隆、富岡 あづさ、藤田 弥佳、助川 昌子、鈴木 奈美、梶 裕之、成松 久
開催地 Madrid, Spain
開催者 HUPO 13th Annual World Congress (Madrid 2014)
発表日 2014年9月25日 (ポスター発表)
タイトル Alteration in glycan structure on colony stimulating factor 1 receptor as a glycobiomarker for evaluation of liver cirrhosis
発表者 Makoto Ocho, ○Akira Togayachi, Etsuko Iio ,Hiroyuki Kaji,Atsushi Kuno, Maki Sogabe, Masaaki Korenaga, Masanori Gotoh, Yasuhito Tanaka, Yuzuru Ikehara, Masashi Mizokami, Hisashi Narimatsu
開催地 パシフィコ横浜
開催者 第73回日本癌学会学術総会
発表日 2014年9月24日 (一般口頭発表)
タイトル 上皮性卵巣がん(特に明細胞腺がん)に対する新規な糖鎖バイオマーカーの探索
発表者 曽我部 万紀、野崎 浩文、久保田 智巳、梶 裕之、久野 敦、○栂谷内 晶、中西 速夫、中西 透、三上 幹男、鈴木 直、木口 一成、池原 譲、成松 久
開催地 パシフィコ横浜
開催者 第34回日本分子腫瘍マーカー研究会
発表日 2014年9月24日 (一般口頭発表)
タイトル 肝疾患の病態指標糖鎖バイオマーカー "WFA+-CSF1R" の開発
発表者 ○雄長 誠、栂谷内 晶、飯尾 悦子、梶 裕之、久野 敦、曽我部 万紀、是永 匡紹、後藤 雅式、田中 靖人、池原 譲、溝上 雅史、成松 久
開催地 パシフィコ横浜
開催者 第34回日本分子腫瘍マーカー研究会
発表日 2014年9月11日 (依頼講演)
タイトル 酵母での生産と酵素法を組み合わせた糖タンパク質製造法の開発
発表者 千葉 靖典
開催地 札幌コンベンションセンター
開催者 第66回日本生物工学会大会
発表日 2014年8月11日 (ポスター発表)
タイトル 糖鎖関連の遺伝性疾患と感染症に関するオントロジーの開発
発表者 ○ソロビヨワ・イェレナ、鹿内 俊秀、藤田 典昭、成松 久
開催地 名古屋大学 豊田講堂
開催者 第33回日本糖質学会年会
発表日 2014年8月10日 (一般口頭発表)
タイトル グライコシンターゼと糖転移酵素を活用した抗体Fc領域糖ペプチドの調製
発表者 ○千葉 靖典、高橋 佳江、松野 裕樹、亀山 昭彦、久野 敦、野中 浩一、平林 淳
開催地 名古屋大学 豊田講堂
開催者 第33回日本糖質学会年会
発表日 2014年8月10日 (ポスター発表)
タイトル MUC1比較糖鎖プロファイリングとマーカー開発へ向けた応用
発表者 ○松田 厚志、久野 敦、中川 知美、入村 達郎、池原 護、正田 純一、成松 久
開催地 名古屋大学 豊田講堂
開催者 第33回日本糖質学会年会
発表日 2014年8月10日 (ポスター発表)
タイトル 血清糖鎖バイオマーカーWFA(+)-CSF1Rの開発
Development of WFA(+)-CSF1R as a serum glycobiomarker for liver cirrhosis
発表者 ○雄長 誠、栂谷内 晶、飯尾 悦子、梶 裕之、久野 敦、曽我部 万紀、是永 匡紹、後藤 雅式、田中 靖人、池原 譲、溝上 雅史、成松 久
開催地 名古屋大学 豊田講堂
開催者 第33回日本糖質学会年会
発表日 2014年7月18日 (招待講演)
タイトル グライコプロテオミクス
発表者 ○成松 久、梶 裕之、久野 敦
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月18日 (招待講演)
タイトル 組織標本を対象としたアレイ基盤グライコミクス 〜解析コンセプトと応用例〜
発表者 ○久野 敦、松田 厚志
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (招待講演)
タイトル グライコプロテオミクス技術を基盤とした血清糖鎖バイオマーカー開発戦略
発表者 ○栂谷内 晶、梶 裕之、久野 敦、久保田 智巳、雄長 誠、曽我部 万紀、池原 譲、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (招待講演)
タイトル タンパク質特異的糖鎖修飾機構解明のための特定の糖鎖を持つ糖タンパク質の大規模同定
発表者 ○佐藤 隆、梶 裕之、安形 清彦、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (招待講演)
タイトル 糖鎖付加位置選択的グライコーム解析技術の開発と応用
発表者 ○梶 裕之、富岡 あづさ、鹿内 俊秀、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (ポスター発表)
タイトル グライコプロテオミクス手法により見いだされた卵巣がん、特に明細胞腺がんに対する新規バイオマーカー
発表者 ○曽我部 万紀、野崎 浩文、久保田 智巳、久野 敦、梶 裕之、栂谷内 晶、中西 速夫、中西 透、三上 幹男、鈴木 直、木口 一成、池原 譲、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (ポスター発表)
タイトル グライコプロテオミクスを基盤とした肝硬変血清糖鎖バイオマーカー WFA(+)-CSF1R の開発
発表者 ○雄長 誠、栂谷内 晶、梶 裕之、久野 敦、飯尾 悦子、曽我部 万紀、是永 匡紹、後藤 雅式、田中 靖人、池原 譲、溝上 雅史、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (ポスター発表)
タイトル 胆管がん患者血清中 MUC1 の比較糖鎖プロファイリング
発表者 ○松田 厚志、久野 敦、中川 知美、入村 達郎、池原 譲、正田 純一、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (ポスター発表)
タイトル コア3型糖鎖キャリアータンパク質の同定
発表者 杜 東寧、○安形 清彦、久野 敦、富岡 あづさ、藤田 弥佳、梶 裕之、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年7月17日 (ポスター発表)
タイトル α1,3- フコース転移酵素9 ノックアウトマウスを用いた糖鎖および糖タンパク質の網羅的な解析
発表者 ○野呂 絵里花、栂谷内 晶、佐藤 隆、富岡 あづさ、藤田 弥佳、助川 昌子、鈴木 奈美、梶 裕之、成松 久
開催地 つくば国際会議場
開催者 日本プロテオーム学会2014年会(JHUPO第12回大会)
発表日 2014年6月28日
タイトル 分析ターゲットとしての糖鎖の可能性
発表者 成松 久
開催地 文京学院大学 本郷キャンパス
開催者 第64回日本電気泳動学会シンポジウム
発表日 2014年6月25日 (招待講演)
タイトル 糖タンパク質の大規模同定と糖鎖バイオマーカー開発への応用
Large-scale identification of glycoproteins and its application to glycobiomarker development
発表者 梶 裕之
開催地 ワークピア横浜/横浜産貿ホール マリネリア
開催者 第14回日本蛋白質科学会年会
発表日 2014年6月21日 (招待講演)
タイトル Successful cases of translational research based on the glycoanalysis technologies
発表者 Hisashi Narimatsu
開催地 Port, Portugal
開催者 9th International Symposium on Glycosyltransferase (Glyco-T 2014)
発表日 2014年6月6日 (招待講演)
タイトル 糖鎖科学に必要とされる基盤ツールの開発と、それを応用した糖鎖バイオマーカーの開発
発表者 成松 久
開催地 品川グランドコモンズ グランドホール
開催者 シスメックスセミナー
発表日 2014年5月30日 (招待講演)
タイトル 肝線維化マーカーWFA+-M2BP開発の基礎から実用化までの道のり
発表者 成松 久
開催地 ホテルニューオータニ
開催者 第50回日本肝臓学会総会
発表日 2014年5月30日 (招待講演)
タイトル 肝臓疾患、糖鎖
発表者 成松 久
開催地 砂防会館別館(東京)
開催者 第1回肝線維化マーカー研究会
発表日 2014年5月29日 (招待講演)
タイトル Indispensable requirements in development of clinically useful biomarkers: Through the successful development of a glycobiomarker for liver fibrosis
発表者 Hisashi Narimatsu
開催地 Shanghai, China
開催者 International Symposium on Clinical and Translational Medicine (2014 ISCTM)
発表日 2014年5月28日 (依頼講演)
タイトル The strategy required for successful translational research in development of clinical diagnostic system
発表者 Hisashi Narimatsu
開催地 Shanghai, China
開催者 International Symposium on Clinical and Translational Medicine (2014 ISCTM)
発表日 2014年4月20日 (一般口頭発表)
タイトル Ultra-sensitive glycan profiling of circulating HBV particles in patient’s serum
発表者 Atsushi Kuno
開催地 Academia Sinica, Taipei, Taiwan
開催者 2014 TASL-Japan Hepatitis B Workshop (Second)
発表日 2014年4月19日 (ポスター発表)
タイトル Endogenous Lectins as Co-receptors for HBV Infection
発表者 ○Takashi Sato, Hiroaki Tateno, Toshihide Shikanai, Hiroyuki Kaji, Kiyohiko Angata, Hisashi Narimatsu
開催地 Academia Sinica, Taipei, Taiwan
開催者 2014 TASL-Japan Hepatitis B Workshop (Second)
発表日 2014年4月19日 (ポスター発表)
タイトル Glycoproteomic Discovery of Serological Biomarker for Hepatitis Virus Infection-associated Chronic Liver Disease
発表者 Makoto Ocho, ○Akira Togayachi, Hiroyuki Kaji, Atsushi Kuno, Etsuko Iio, Maki Sogabe, Masaaki Korenaga, Masanori Gotoh, Yasuhito Tanaka, Yuzuru Ikehara, Masashi Mizokami, Hisashi Narimatsu
開催地 Academia Sinica, Taipei, Taiwan
開催者 2014 TASL-Japan Hepatitis B Workshop (Second)
発表日 2014年4月19日 (ポスター発表)
タイトル Glycosylation of HBsAg and Its Role in Secretion Pathway
発表者 ○Kiyohiko Angata, Kiyoaki Ito, Akira Togayachi, Takashi Sato, Hiromi Ito, Makoto Ocho, Masashi Yoneda, Hisashi Narimatsu
開催地 Academia Sinica, Taipei, Taiwan
開催者 2014 TASL-Japan Hepatitis B Workshop (Second)
ページの先頭へ