合成生物工学研究グループ
ミッション

当研究室では〈微生物による物質生産〉に関する基盤技術開発(探索、改良、生産)を行っています。有用遺伝子の探索手段としては、メタゲノミクスをフル活用して微生物ダークマターを徹底的に掘り起こすとともに、情報として顕在化しているものの、生物学的意味の抽出が難しいバイオビッグデータに対しては、独自のドライ解析技術を開発し、探索します。遺伝子の機能改良には進化分子工学を駆使し、物質生産のプラットフォームである大腸菌やカビの宿主改変には、リボソーム工学、ゲノム育種、代謝工学などの手法にを適用し、生産性改良などを行っています。

主な研究課題

生物資源の探索

  • バイオビッグデータのドライ解析技術の開発
  • 環境メタゲノミクス
  • 超好熱菌アーキアゲノムの活用

生物機能の改良

  • 進化分子工学による酵素、タンパク質、遺伝子発現スイッチ等の機能改変
  • リボソーム工学による大腸菌宿主機能改変
  • 代謝工学による糸状菌宿主による物質生産性の改良

機能性物質の新規合成法開発

  • マイクロ波を利用した糖鎖合成
  • マイクロ波を利用したペプチド合成
  • マイクロ波利用合成装置開発

ターゲット

  • 新規二次代謝産物
  • 産業用酵素
  • 合成生物学に有用な遺伝子パーツ

page top
■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

生物プロセス研究部門

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6