植物分子工学研究グループ
成果発表
| 国際特許 | 国内特許 | 誌上発表 | 解説・総説 査読なし | 著書・刊行物 |

国際特許

  • 増田 税,犬飼 剛,松永 航,礒田 玲華,松村 健,厚見 剛,植物における標的DNAのメチル化を抑制する方法,PCT/JP2019/029318, 2019/07/25
  • 福澤 徳穂,松村 健,増田 税,一町田 紀子,石原 岳明,非拡散植物ウイルスベクター,602009039375.8(ドイツ),2316938(英国), 2316938(オランダ), 2316938(ベルギー), 2016/06/22
  • 伊藤 亮, 吉岡 邦晃, 佐藤 耕,五反田 亨,磯貝 恵美子,竹原 一明,前原 信敏,インターフェロンαを含む口腔組成物,2007205545(オーストラリア),2012/9/27,60 2007 026 816.8(ドイツ),2012/11/21,1985303(スイス)(イギリス)(フランス)(デンマーク)(オランダ)(ベルギー)(イタリア),2012/11/21
  • 松村 健,五反田 亨,伊藤 亮,小林 栄樹,久米 勝巳,遺伝子組換え植物による抗原虫病経口ワクチン,60 2005 032 899.8(ドイツ),2012/2/29,1767639(イギリス)(ベルギー)(スイス)(デンマーク)(フランス)(イタリア)(オランダ),2012/2/29
  • 田坂 恭嗣,松尾 幸毅,松村 健,ラクトシルセラミドを生産する遺伝子組換え植物およびその利用,7943820(米国),2011/05/17
  • 松村 健,伊藤 亮,小林 栄樹,久米 勝巳,杉本 千尋,伊藤 敬三,一町田 紀子,経口ワクチンキャリアシステム,2005264220(オーストラリア),2011/02/24
  • 松村 健,五反田 亨,伊藤 亮,小林 栄樹,久米 勝巳,遺伝子組換え植物による抗原虫病経口ワクチン ,2005248233(オーストラリア),2010/08/12
  • 田坂 恭嗣,松村 健,松尾 幸毅,糖転移酵素遺伝子の導入による生体内糖鎖伸長の技術,2425125(英国),2010/06/02
  •   
  • 松村 健, 増田 税, 一町田 紀子, 植物ウイルスベクター, US7632676B2(米国), 2009/12/15
  • 田坂 恭嗣, 松村 健, 松尾 幸毅, 糖転移酵素遺伝子の導入による生体内糖鎖伸長の技術, US7619136B2(米国), 2009/11/17
  • 松村 健, 伊藤 亮, 小林 栄樹, 久米 勝巳, 伊藤 敬三, 一町田 紀子, 杉本 千尋, 経口ワクチンキャリアシステム, EP17676261(EU), 2009/03/25, 602005013529.4.08(ドイツ)(フランス)(イギリス)(イタリア), 2009/04/09

国内特許

  • 田坂 恭嗣, 松村 健, 田林 紀子, 丸山 真一, 柴田 浩樹, 塚田 愛,水耕栽培を利用した植物苗の大量生産技術, 特6503539,2019/04/05
  • 松村 健,福澤 徳穂,一町田 紀子, 増田 税, 植物において外来遺伝子を発現させるための核酸分子及び方法, 特6350995 (日本),2018/06/15
  • 佐藤 進, 澤田 裕樹, 高砂 裕之, 松村 健, 田林 紀子,養液栽培排水の処理方法および装置,5780518(日本), 2015/7/24
  • 福澤 徳穂, 松村 健, 増田 税, 一町田 紀子, 石原 岳明,非拡散植物ウイルスベクター,5487463(日本), 2014/03/07
  • 松尾 幸毅, 松村 健,植物における糖鎖構造の改変方法及びその植物体,5435535(日本), 2013/12/20
  • 田坂 恭嗣,松尾 幸毅,松村 健,ラクトシルセラミドを生産する遺伝子組換え植物,およびその利用,5105264(日本),2012/10/12
  • 伊藤 亮,吉岡 邦晃,佐藤 耕,五反田 亨,磯貝 恵美子,竹原 一明,前原 信敏,インターフェロンαを含む口腔組成物,5046030(日本),2012/7/27
  • 松村 健,五反田 亨,伊藤 亮,小林 栄樹,久米 勝巳,遺伝子組換え植物による抗原虫病経口ワクチン,4898432(日本) ,2012/1/6
  • 田坂 恭嗣, 松尾 幸毅,松村 健,ラクトシルセラミドを生産する遺伝子組換え植物およびその利用,4686766(日本),2011/02/25
  • 安野 理恵,伊藤 亮,田中 輝義,松村 健,相馬 一郎,藤田 尚也,遺伝子組換え植物工場,4815644(日本),2011/9/9
  • 松村 健,伊藤 亮,小林 栄樹,久米 勝巳,杉本 千尋,伊藤 敬三,一町田 紀子,経口ワクチンキャリアシステム,4608675(日本),2010/10/22
  • 松村 健, 増田 税, 一町田 紀子, 4植物ウィルスベクター, 009663(日本), 2007/09/14

誌上発表 2014~

  • Kobayashi Y, Fukuzawa N, Hyodo A, Kim H, Mashiyama S, Ogihara T, Yoshioka H, Matsuura H, Masuta C, Matsumura T, Takeshita M. Role of Salicylic Acid Glucosyltransferase in Balancing Growth and Defence for Optimum Plant Fitness. Mol. Plant Pathl., 21:429-442 (2020). DIO: 10.1111/mpp.12906
  • Matsuo K. and Atsumi G., CRISPR/Cas9-mediated knockout of the RDR6 gene in Nicotiana benthamiana for efficient transient expression of recombinant proteins. Planta, 250:463-473 (2019). DIO: 10.1007/s00425-019-03180-9
  • Abe, J., Wang, Y., Yamada, T., Sato, M., Ono, T., Atsumi, G., Abe, J., Hajimorad, M.R., Nakahara, K.S., Recessive resistance governed by a major quantitative trait locus restricts clover yellow vein virus in mechanically but not graft-inoculated cultivated soybeans. Mol. Plant Microbe Interact., 32:1026-1037 (2019). DIO: 10.1094/MPMI-12-18-0331-R
  • Hikosaka S., Goto E., Tabayashi N., Matsumura T. Effects of air temperature before harvest on the concentration of human adiponectin in transgenic strawberry fruits. Plant Biotechnol. (Tokyo), 36:21-27 (2019). DIO: 10.5511/plantbiotechnology.19.0128a
  • Matsunaga W, Shimura H, Shirakawa S, Isoda R, Inukai T, Matsumura T, Masuta C. Transcriptional silencing of 35S driven transgene is differentially determined depending on promoter methylation heterogeneity at specific cytosines in both plus- and minus-sense strands. BMC Plant Biol., 19:24 (2019). DIO: 10.1186/s12870-019-1628-y
  • Atsumi G., Kagaya U., Tabayashi N., Matsumura T., Analysis of the mechanisms regulating the expression of isoprenoid biosynthesis genes in hydroponically-grown Nicotiana benthamiana plants using virus-induced gene silencing. Sci. Rep. 8: 14804 (2018). DIO: 10.1038/s41598-018-32901-5
  • Fukuzawa N., Masuta C., Matsumura T., Rapid transient protein production by the coat protein-deficient cucumber mosaic virus vector: non-packaged CMV system, NoPaCS. Plant Cell Rep., 37:1513-1522 (2018). DIO: 10.1007/s00299-018-2322-5
  • Matsuo K. and Atsumi G., Xylosylation of proteins by expression of human xylosyltransferase 2 in plants. J. Biosci. Bioeng., 126:371-378 (2018). DIO: 10.1016/j.jbiosc.2018.03.013
  • Matsuo K. and Matsumura T., Repression of the DCL2 and DCL4 genes in Nicotiana benthamiana plants for the transient expression of recombinant proteins. J. Biosci. Bioeng., 124: 215–220 (2017). DIO: 10.1016/j.jbiosc.2017.02.019
  • Atsumi G., Suzuki H., Miyashita Y., Choi S.H., Hisa Y., Rihei S., Shimada R., Jeon E.J., Abe J., Nakahara K.S., Uyeda I., P3N-PIPO, a Frameshift Product from P3, Pleiotropically Determines the Virulence of Clover Yellow Vein Virus in both Resistant and Susceptible Peas., J. Virol., 90:7388–7404 (2016).
  • Miyashita Y., Atsumi G., Nakahara K.S., Trade-offs for viruses in overcoming innate immunities in plants., Mol. Plant Microbe Interact., 29:595–598 (2016).
  • Yanagisawa H., Tomita R., Katsu K., Uehara T., Atsumi G., Tateda C., Kobayashi K., Sekine K.T., Combined DECS analysis and next-generation sequencing enable efficient detection of novel plant RNA viruses., Viruses 8:70 (2016).
  • Tasaki K., Atsumi G., Nishihara M., Sekine K.T., Development of a Broad bean wilt virus 2-based expression vector for gentian., Sci. Hortic., 201:279–286 (2016).
  • Hagiwara-Komoda Y., Choi S.H., Sato M., Atsumi G., Abe J., Fukuda J., Honjo M.N., Nagano A.J., Komoda K., Nakahara K.S., Uyeda I., Naito S., Truncated yet functional viral protein produced via RNA polymerase slippage implies underestimated coding capacity of RNA viruses. Sci. Rep., 6:21411 (2016).
  • Matsuo K., Fukuzawa N., Matsumura T., A simple agroinfiltration method for transient gene expression in plant leaf discs., J. Biosci. Bioeng., 122:351–356 (2016).
  • Ogawa K., Murota K., Shimura H., Furuya M., Togawa Y., Matsumura T., Masuta C., Evidence of capsaicin synthase activity of the Pun1-encoded protein and its role as a determinant of capsaicinoid accumulation in pepper. BMC Plant Biol. 28(15):93.(2015).
  • Yagi H., Fukuzawa N., Tasaka Y., Matsuo K., Zhang Y., Yamaguchi T., Kondo S., Nakazawa S., Hashii N., Kawasaki N., Matsumura T., Kato K., NMR-based structural validation of therapeutic antibody produced in Nicotiana benthamiana. Plant Cell Rep. 34:959-968 (2015).
  • Umali D.V., Ito A., Del Valle F.P. Shirota K. and Katoh H., Antibody response and protective immunity of chickens vaccinated with booster dose of recombinant oil-adjuvanted Leucocytozoon caulleryi subunit vaccine. Avian Dis. 58(4):609-15 (2014).
  • Matsuo K., Kagaya U., Itchoda N., Tabayashi N., Matsumura T.,Deletion of plant-specific sugar residues in plant N-glycans by repression of GDP-D-mannose 4,6-dehydratase and β-1,2-xylosyltransferase genes. J. Biosci. Bioeng.118(4):448-454 (2014).

解説・総説 査読なし

  • 松尾 幸毅,導入遺伝子高発現植物の開発,アグリバイオ,3巻10号61-64,2019年
  • 松村 健,遺伝子組換え植物と完全制御型植物工場,アグリバイオ,1巻7号6-7,2017年
  • 松尾 幸毅,導入遺伝子高発現植物の開発,アグリバイオ,1巻7号44-46,2017年
  • 鈴木智美,田坂 恭嗣,宇宙における植物栽培技術の開発,アグリバイオ,1巻7号57-594,2017年
  • 福澤徳穂, 松村健, 植物ウイルス遺伝子を利用した目的タンパク質の一過性発現技術, 生物工学会誌 第91巻8号 461-463, 2013年
  • 松尾 幸毅,植物による医療用タンパク質生産のための糖鎖修飾改変技術,バイオサイエンスとインダストリー,69巻6号,481-483, 2011年
  • 福澤徳穂, 一町田紀子, 石原岳明, 増田税, 松村 健, 植物ウィルスベクターの開発, バイオインダストリー, 26-1, 99.13-19, 2009/01
  • 田坂恭嗣, 遺伝子組換え植物による動物型スフィンゴ糖脂質の生産, オレオサイエンス, 9-9, pp.393-399 (2009)
  • 安野理恵, 松村 健, 「遺伝子組換え植物工場」, 月刊BIO INDUSTRY, 24巻・2号, 92~99頁, 2007年
  • 田坂恭嗣, 松尾幸毅, 松村 健 : 組換え植物による動物型スフィンゴ糖脂質生産の技術開発, 化学・バイオつくば財団・産業技術総合研究所の成果から 60 : 2-3 (2005)

著書・刊行物 2010~

  • Fukuzawa N., Matsumura T., Masuta C., Biotechnology Aspects of Cucumber Mosaic Virus. In: Garacia-Arenal F, Palukaitis P (eds) Cucumber mosaic virus. 227-236, American Phytopathological Society (APS) Press, St Paul. (2018) DIO: 10.1094/9780890546109.025
  • 松村 健,植物工場の新たな展開,学術の動向,2012年5月号
  • 安野理恵,松村健,30年後の科学の夢ロードマップ「植物工場~食料生産から物質生産まで」 2012年3月27日発行
  • 松村 健・高砂 裕之,医薬品原材料を生産する植物工場の開発,ブレインテクノニュース,No.149(2012.3)
  • 松村 健,第Ⅳ編 トランスジェニック植物による製造 第1章 植物による抗体生産について,バイオ医薬品製造の効率化と生産基材の開発(シーエムシー出版)(2012)
  • 福澤 徳穂,第Ⅳ編 トランスジェニック植物による製造 第3章 植物での抗体遺伝子の高発現(遺伝子導入技術), バイオ医薬品製造の効率化と生産基材の開発(シーエムシー出版)(2012)
  • 安野 理恵,第Ⅳ編 トランスジェニック植物による製造 第5章 植物工場による生産,バイオ医薬品製造の効率化と生産基材の開発(シーエムシー出版)(2012)
  • 松尾幸毅,「植物による医療用タンパク質生産のための糖鎖修飾改変技術」,バイオ サイエンスとインダストリー 69巻(6号)481~483.(2011)
  • 松村 健,産業技術総合研究所北海道センターにおける植物工場の取り組み,グリーンテクノ情報,Vol.6 No.2,39-41(2011.10)
  • 伊藤 亮,「鶏ロイコチトゾーンワクチン(各論)」,動物用ワクチン (動物用ワクチン・バイオ医薬品研究会編),文永堂出版,2011
  • 松村 健, テクノフロント~明日のビジネスへのヒント「植物工場で何ができるか 周年栽培から遺伝子組み換え技術活用まで」, ジェトロセンサー, 2010年7月号, 82 - 83
  • 松村 健, 「遺伝子組換え植物によるワクチン・医薬原材料生産の現状」, JSAVBR News Letter, No.1 2010年6月4日発行, 13 - 15
  • 松村 健, 「密閉型遺伝子組換え植物工場システム」, 科学と工業, 2010年3月号, 35-41

page top
■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

生物プロセス研究部門

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6