微生物生態工学研究グループ
ミッション

 私たちの研究グループでは、微生物生態学を基幹とする多層的視点から生命現象の深淵を明らかにするとともに、その工学的利用技術を創出することでバイオエコノミー社会の形成を目指しています。

 微生物生態学は、海洋、河川、森林土壌、湿地等の自然環境、ヒト、植物、昆虫等の宿主との共生環境、水田、畑土壌、廃水処理プロセス等の人工環境といった個々の生態系における微生物の役割を、微生物学、生化学、合成生物学、分子生物学、植物生物学、生命情報科学等の多層的視点から、かつ、遺伝子や酵素等の生体分子、細胞、個体、群集等の大小様々なスケールにおいて解析し、地球上における物質循環の根幹、生命現象、代謝機能の進化を解明して生物圏エコシステムを包括的に理解しようとする学問です。

 微生物生態学により生物圏エコシステムを理解することは、持続可能な循環型社会(サーキュラーエコノミー)に適合する農水産物の生産技術、廃水や廃棄物の有効利用技術、微生物の代謝機能や遺伝子資源をフル活用したバイオものづくり技術等の創出に繋がるため応用研究の面からも注目を集めており、産業エコシステムのバイオ化を推進するバイオエコノミー社会の形成に向けた重点研究課題のひとつに位置付けられます。

 我々の研究グループでは、我が国のバイオ戦略に示される「2030年に世界最先端のバイオエコノミー社会を実現する」という目標に向け、以下のような研究課題を推進することでその達成を目指します。

  1. 腸内微生物叢の群集構造と機能解析
  2. 種間相互作用に基づく微生物新規機能の探索および適応進化動態の解析
  3. 未知・未利用の稀少微生物群の探索とその利活用
  4. 持続可能な社会形成に向けた新規バイオテクノロジーの開発
  5. 土壌微生物の生態機能の発掘と深化
  6. 微生物情報科学による生物圏エコシステムの理解による産業エコシステムの高度化



トピックス

【1】2020年4月1日より、生物プロセス研究部門の中に新たに「微生物生態工学研究グループ」が発足致しました。

2020年4月1日より、生物プロセス研究部門の中に新たに「微生物生態工学研究グループ」が発足致しました。今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


page top
■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

生物プロセス研究部門

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6