応用分子微生物学研究グループ

ミッション

 私たちの研究グループでは、微生物を宿主とした多目的な用途に利用可能な高機能型細胞の創製を目指した各種技術開発を進めています。また、ゲノム塩基配列、変異情報、発現情報、代謝物情報などのゲノム情報を効率的に産業利用することを目的とした研究開発も行っています。ゲノム情報の効率的な産業利用を目指した研究開発については、特別研究チーム(生物システム工学特別研究チーム)を編成し研究を展開していますのでそちらを参照下さい。

 これまで微生物の高度利用を目指した研究は、微生物の探索とその利用技術の開発が中心に進められてきました。例えば、汚染物質を分解する能力を示す菌や抗生物質を生産する菌などを探索し、単離した菌をそのまま利用する技術です。このような微生物探索と利用への取り組みは、今後も益々重要になると思われますが、一方ではこれまで収集・蓄積された微生物資源や遺伝子資源を有効に利用するために、天然には存在しない機能や能力を付与した細胞を構築し利用するための合成生物学的な技術開発が必要であると考え、放線菌や大腸菌を主たる宿主として用い、多目的用途に利用可能な発現プラットフォームの開発に向け以下のような各種技術開発および研究を進めています。

  1. 放線菌を多目的用途に利用可能な発現プラットフォームとするための技術の開発
  2. 大腸菌による「ものつくり」技術の開発
  3. 微生物の増殖に影響を及ぼす物質の探索と機能解析
  4. 有用機能蛋白質の高機能化に向けた技術開発

私たちは、以下に紹介する一連の研究を通じて微生物を利用した環境に優しい「モノづくり」の技術開発を目指し、持続的発展可能な社会の実現に向けた研究に取り組んでいます。

採用情報

北海道センター

  • 植物分子工学研究グループ
  • 分子生物工学研究グループ
  • 生体分子工学研究グループ
  • 応用分子微生物学研究グループ
  • 環境生物機能開発研究グループ
  • 生物材料工学研究グループ
  • 不凍蛋白質特別研究チーム
  • 生物システム工学特別研究チーム

つくばセンター

  • 生物共生進化機構研究グループ
  • 生物資源情報基盤研究グループ
  • 合成生物工学研究グループ
  • 植物機能制御研究グループ
  • バイオデザイン研究グループ

研究部門長

  • 研究部門長

LINK

産総研北海道センターサイトへ
産総研サイトへ

■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
011-857-8537(代)
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6
029-861-6040(代)