不凍蛋白質特別研究チーム
ミッション

 不凍タンパク質(Antifreeze Protein: AFP、不凍糖蛋白質AFGPを含む)は、凍結時に水の内部に無数に生成する氷の単結晶(=氷核)に対して強く結合する機能(氷結晶結合機能)を有する物質です。さらに、魚類のAFPは、氷のみならず脂質二重膜にも強く結合してその細胞の寿命を延ばす機能(細胞保護機能)を発揮します。1969年に南極魚の血液から発見されて以来、AFPにはさまざまな実用化が期待されてきました。しかし、その極めて高い希少性と高価格のために、これまで実用化には至りませんでした。当研究チームは、私たちの身近にある芝生等に付着する菌類(きのこ類)や、毎日の食卓に並ぶワカサギ、カレイなどの魚類が、AFPを豊富に有するという意外な事実を発見しました(参考:Synthesiology 1 (1), 7-14 (2008))。また、魚体を原材料とするAFPの大量精製技術の開発に成功しました。これにより、従来は困難であったAFPに関する様々な研究が可能になり、医学、食品、工学分野等でのAFP実用化技術の開発が行われるようになりました。現在、私達は分子レベルでのAFPの構造機能解明に取り組む一方で、耐熱性や安全性に優れたAFPを安価に大量生産するための技術開発を行っています。これらの成果を基にして、産業や医学の分野における画期的なAFP活用技術を創成することが当研究チームの目標です。





プレスリリースほか

page top
■ HOME
■ 部門の紹介
■ 研究紹介
■ 研究成果
■ お知らせ
■ その他

生物プロセス研究部門

北海道センター
〒062-8517
札幌市豊平区月寒東2条17丁目2-1
つくばセンター
〒305-8566
茨城県つくば市東1-1-1 中央第6