1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧 >
  4. 蛋白質デザイン研究グループ

研究グループ紹介

蛋白質デザイン研究グループ

トピックス・お知らせ

平成27年4月1日 研究紹介をリニューアルしました。
   

研究紹介

1.蛋白質デザイン技術の開発

目的の機能を持った蛋白質をデザインできる技術の確立に向けて、我々が提唱している“配列空間探索による蛋白質デザイン”の実現に取り組んでいます。

蛋白質デザイン技術の開発

2.デザインした蛋白質の利用技術の開発

独自開発した蛋白質の配向制御固定化技術を応用し、デザインした蛋白質の利用を進めています。例えば、抗体医薬品の精製に用いる担体やカラム、抗体高発現細胞のスクリーニングに用いる精製用96ウェルマルチカラムプレート、等の開発・改良を民間企業と共同で進めています。

デザインした蛋白質の利用技術の開発

業績リスト

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年

メンバー

氏名 役職 氏名 役職
広田 潔憲 研究グループ長    
末森 明夫   村木 三智郎  
竹縄 辰行   宮房 孝光