1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧 >
  4. ナノバイオデバイス研究グループ

研究グループ紹介

ナノバイオデバイス研究グループ

トピックス・お知らせ

平成27年4月1日 研究紹介をリニューアルしました。
  ナノバイオデバイス研究グループの最新情報はこちらをご覧ください

研究紹介

メチルシトシンの迅速計測

エピジェネティクスに深く関与するDNA中に含まれるシトシンのメチル化を、迅速に検知可能な新手法に関する研究開発を行っている。グアニンと塩基対を形成したメチルシトシンはDNA二本鎖の内側を向いているため、嵩高い抗メチルシトシン抗体に認識されない。しかしながら、DNAバルジ中に配置されたメチルシトシンは自由回転でき、選択的に抗体に認識されることを見出した。測定対象の(メチル)シトシンがバルジ内に配置されるような2本鎖を形成させた後、2本鎖DNAへの抗体の相互作用を計測することで、1塩基レベルでシトシンがメチル化しているか否かを迅速に判別可能である。さらにマイクロセンシングチップにより、迅速に任意シトシンのメチル化を判別可能である。(図1)。

図1 DNAバルジ特異的な抗体認識を利用した、迅速DNAメチル化診断法、および、そのマイクロセンシングチップ

生体成分検出のための高性能スパッタナノカーボン薄膜電極の開発

電子サイクロトロン共鳴(ECR)スパッタ法やアンバランスマグネトロン(UBM)スパッタ法により作製されたナノカーボン薄膜電極は、グラファイト並の高い導電性(電極活性)とダイヤモンド並の硬度(安定性)を併せ持つ新しいカーボン薄膜材料である(図2)。薄膜表面構造をナノレベルで制御することにより、高い電極活性と高い安定性を両立できたことで、多くの生体分子を安定に定量可能である。さらには、本薄膜表面は超平坦であることから、電極として極めて低いバックグラウンド電流特性を示すため、従来電極では困難であった極微量濃度の生体分子を高感度に測定するための電極としての展開できることが期待できる。

図2. スパッタナノカーボン薄膜電極を用いた生体分子検出

業績リスト

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年

メンバー

氏名 役職 氏名 役職
栗田 僚二 研究グループ長    
吉岡 恭子   小島 直  
加藤 大   冨田 峻介