1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧 >
  4. 分子細胞病態研究特別チーム

研究グループ紹介

分子細胞病態研究特別チーム

トピックス・お知らせ

平成27年4月1日 分子細胞病態研究特別チームが新設されました。
   

研究紹介

うつ病・認知症をはじめとする精神・神経疾患は、生物学的技術の高度化が進むにも関わらずその抜本的治療法およびその早期診断法の開発は遅れている。
分子細胞病態研究チームでは、神経生物学の基礎研究成果および研究技術を用いることにより、精神神経疾患に関係する重要分子の一つ 脳由来神経栄養因子BDNFとその関連分子群を中心に、脳疾患の創薬、診断技術の開発研究を進めている。特筆すべきは、①診断や治療を目指した抗体、②独自の神経細胞培養技術、③精神・神経疾患動物モデルの開発 を行い、認知症、うつ病、自閉症をはじめとする疾患に対する創薬支援をすすめる。そしてこれらの研究を通して、新たな学術領域を拓く研究も目指していきたい。

神経細胞の微細機能構造の解析系研究

自閉症モデルマウス

診断技術開発のための研究

業績リスト

2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年

メンバー

氏名 役職 氏名 役職
小島 正己 チーム長