1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧 >
  4. 分子複合医薬研究グループ

研究グループ紹介

分子複合医薬研究グループ

トピックス・お知らせ

平成27年4月1日 研究紹介をリニューアルしました。
   

研究紹介

私達のグループでは、核酸創薬や低分子創薬における技術革新を目指した研究を進めています。そのために、構造生物学的解析(X線結晶構造解析、核磁気共鳴構造解析、電子顕微鏡解析等)と分子機能解析(物理化学的測定解析、次世代シークエンス解析、細胞アッセイ、動物個体解析等)を組み合わせた複合的な研究技術開発を展開しています。また、企業との創薬実用化研究にも積極的に取り組み、創出技術の活用を試みています。

先進技術融合による独創的創薬開発

Specific Goals

  • 構造生物学に基づいた核酸アプタマーのデザイン法の確立(宮岸、山崎、池本)
  • 新規殺原虫リード化合物の創製(古川、山崎、久保田)
  • トリパノソーマを用いた殺原虫薬ハイスループットスクリーニングシステムの確立(古川、山崎、久保田)
  • 癌由来小胞に対するスペシフィックな核酸アプタマーの取得(宮岸、池本)
  • 鎮痛創薬を促進させる核酸アプタマー創製技術開発と鎮痛機序に関する基礎医学的解析(池本)
  • 創薬加速化のためのNMR技術(山崎)
  • 細胞外小胞(マイクロベシクル、エキソソーム)解析を加速化する電子顕微鏡法要素技術の開発(石井、池本)
  • 生体親和性を有する放射線応答物質の実用化-X線増感剤(高橋)
  • 業績リスト

    2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年

    メンバー

    氏名 役職 氏名 役職
    宮岸 真 研究グループ長    
    池本 光志   高橋 淳子  
    石井 則行   沼田 倫征  
    竹下 大二郎