1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧 >
  4. 生物時計研究グループ

研究グループ紹介

生物時計研究グループ

トピックス・お知らせ

平成27年4月1日 研究紹介をリニューアルしました。
   

研究紹介

健康長寿社会の実現を目指し、健康の維持・増進に向けた以下の研究テーマを実施しています。

  • 体内時計に関連する睡眠障害やうつ病、肥満・糖尿病などの生活習慣病の発症メカニズムの解明のためのヒトへの外挿が可能なモデル動物やモデル細胞を用いた研究
  • 時間栄養学研究:生体リズムや睡眠を改善する機能性食品素材や医薬品リード化合物の開発
  • 日常における健康状態の迅速・簡便なモニタリングを可能とし、疾患の発症を未病状態で予測・診断するための技術開発
  • ロコモティブシンドロームなどの加齢性疾患の積極的予防・改善を目指した時間運動学的研究
  • 高血圧の改善に役立つ食品機能性成分の研究開発
  • 腸管から全身への免疫活性化メカニズムの解明と、個人の変化に即した機能性成分の開発 (食品免疫効果)
  • 自然免疫・経口免疫寛容・脳腸相関を増強する粘膜アジュバントの開発と、それらを「臨床面における免疫修飾創薬」に活用する研究

  • 睡眠を改善するための機能性食品素材の開発


    神経細胞を用いたリアルタイム体内時計測定システム


    高血圧の改善に役立つ機能性食品素材の開発


    体内時計を利用した効率のよいロコモティブシンドローム予防法の開発


    研究紹介


    医食同源


    NutriRhythm(ニュートリズム)検討会

    業績リスト

    2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年

    メンバー

    氏名 役職 氏名 役職
    大石 勝隆 研究グループ長    
    市村 年昭   根本 直  
    辻 典子   安倍 知紀