1. ホーム>
  2. 研究グループ紹介 >
  3. 研究グループ一覧 >
  4. 次世代メディカルデバイス研究グループ

研究部門紹介

次世代メディカルデバイス研究グループ

トピックス・お知らせ

平成28年5月1日 次世代メディカルデバイス研究グループが新設されました。
   

研究紹介

超高齢社会にあわせ、予防医療や遠隔診療といったヘルスケア技術の充実が求められていますが、正確な健康状態の把握のためには、有用なバイオマーカーと、その計測技術が不可欠です。次世代メディカルデバイス研究グループでは、生体機能のメカニズム解明といった基礎研究に基づく新たなバイオマーカーの探索と同時に、在宅等における遠隔診療を想定した次世代の医療・検査機器に関する製品化研究まで、一気通貫で取り組んでいます。

生体メカニズムの解明と新規バイオマーカーの研究

  • 客観的な精神疲労評価手法の確立と精神的健康の増進を目指した研究
  • ビタミンEや各種機能性物質の酸化ストレスシグナルに与える影響の解明
  • ゲノム編集などを用いた疾患モデル生物の開発
  • バイオマーカー計測評価用メディカルデバイスの開発

  • チップ表面物性の高度制御技術、計測プロセスのオンチップ集積化
  • 計測評価システムの高速化およびダウンサイジング化に関する基盤研究
  • 細胞などの生体機能を利用した新しいアッセイ系の構築
  • 新規ナノ機能性材料のバイオ研究分野への応用

  • バイオマーカー計測の実用化に資する次世代抗体の開発
  • 界面制御バイオマテリアルによる細胞制御技術の開発
  • 蛍光量子ドットを用いた光学式生体影響ガスセンサの開発
  • 業績リスト

    2017年2016年2015年2014年2013年2012年2011年2010年

    メンバー

    氏名 役職 氏名 役職
    永井 秀典 研究グループ長    
    萩原 義久 生命工学領域企画室 出向 安藤 昌儀  
    山添 泰宗   古谷 俊介  
    栗之丸 隆章