現在位置 > 組織 > 研究部門 > バイオメディカル研究部門 > 分子細胞育種研究グループ > グループ紹介 メニュースキップ

グループ紹介

分子細胞育種研究グループは

産業技術総合研究所バイオメディカル研究部門分子細胞育種研究グループは、生命体に内在する「進化する能力(evolvability)」の理解に立脚した、対象(生体分子や細胞など)の改変、改良、創製研究を進めています。
> バイオメディカル研究部門トップページ
> 産総研生命工学領域紹介
> 産総研トップページ

グループの目標

細胞や生体分子が有する高度な機能の広範な産業利用を促すため、これらを合目的的に改良する新たな基盤技術(分子細胞育種技術)の研究開発を行う。その遂行においては、細胞や生体分子が高い機能を実現する合理的な機械であるという側面とそれらが長久の進化の所産であるという側面を合わせて深く理解することを重視し、そこに見出される物理的必然性と歴史的偶然性を有機的に統合的することで、新たな「育種」技術の開拓を図ることを基本とする。また、技術開発課題の立案においては、内外のライフサイエンス・バイオテクノロジー分野における技術ニーズを把握し、現実的な社会還元が期待される適切な対象と方法論を選択することに努める。

グループのキーワード

タンパク質工学、タンパク質デザイン、抗体工学、進化分子工学、合成生物学、バイオインフォマティクス、情報分子工学、ケモメトリックス、分子シミュレーション、分子生物学、構造生物学、生物物理学、生化学、ファージディスプレイ、酵母ディスプレイ

グループの運営方針

オリジナルなコンセプトこそがオリジナルな成果を生み、産総研のプレゼンスへとつながるとの意識を共有すること、与えられた条件の中でグループとして最大のパフォーマンスを発揮するための関係と環境を醸成することを方針の基本とする。そのため、各メンバーは自身の適性と能力を見定め、自分の最大の武器は何かを意識する。研究の課題、対象、方法論が常に他者とどう差別化されうるかを自問する。成果の公開、広報、提供、移転も重要な研究業務であるとの意識を高く持つ。メンバー同士の情報・意見交換から相互の理解を深めるとともに、個々では実現できないシナジー効果の創発を導く。日常的なコミュニケーションを大切にし、円滑かつ効率的な業務遂行に努める。研究部門のポリシーステートメントを遵守し、研究業務における安全倫理の確保とコンプライアンスの徹底に努める。
> バイオメディカル研究部門ポリシーステートメント

コンプライアンスの遵守

産総研憲章に則り行動する。研究業務の遂行にあたり、関連する法令・所内規定等を遵守する。

 

 

構成メンバー

本田 真也 副研究部門長(研究グループ長兼務)
芝上 基成 上級主任研究員
石川 一彦 連携主幹
小田原 孝行 主任研究員
渡邊 秀樹 主任研究員
福田 展雄 主任研究員
千賀 由佳子 研究員

契約職員(ポスドク) 2名

契約職員(テクニカルスタッフ) 3名

技術研修生(M1、M2) 2名
共同研究 11名

主な研究設備

PCR、微量冷却遠心機、超音波細胞破砕機、クリーンベンチ、電気泳動槽、マイクチップ電気泳動装置、ブロッティング装置、フリーザー、ゲル撮影機、液体クロマトグラフィー、遠心濃縮機、凍結乾燥機、実体顕微鏡、電子顕微鏡、プレートリーダー、吸光分光計、円偏光二色性測定装置(CD)、赤外分光計(FT-IR)、蛍光分光計、示差走査熱量計(DSC)、滴定型カロリメトリ(ITC)、動的光散乱装置、linuxワークステーション、グラフィックスワークステーション、分取用超遠心機、分析用超遠心機(AUC)、大型培養機、オートクレーブ(以上、グループ保有設備)、次世代DNAシーケンサー、キャピタリDNAシーケンサー、フローサイトメトリー、質量分析装置、表面プラズモン測定装置、核磁気共鳴測定装置(NMR)(以上、共同利用設備)

外部資金プロジェクト(民間共同研究、民間受託研究を除く)

日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金基盤研究(C)「分子グラフティングによるアルブミン結合性ヒト型アダプタータンパク質の分子設計」(H26−H28) 予算:約170万円/年

経済産業省(METI)受託研究「国際基準に適合した次世代抗体医薬等の製造技術」(H25−H29) 予算:約2600万円/年

日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金若手B「自己倍数化抑制に基づく酵母育種法の開発」(H25−H26) 予算:約200万円/年

日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金基盤研究(C)「後続バイオ医薬品開発を目指した環状化サイトカインの分子設計と合成」(H23−H25) 予算:約180万円/年

日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金研究活動スタート支援「酵母を用いたヒト上皮増殖因子受容体の機能解析」(H23−H24) 予算:約100万円/年

日本学術振興会(JSPS)科学研究費補助金若手B「自律的にフォールドする短鎖セグメントを起点とした小型人工蛋白質のビルドアップ」(H22−H23) 予算:約200万円/年

経済産業省(METI)受託研究「日米エネルギー環境技術研究・標準化協力事業」(H22−H26) 予算:約1450万円/年

(独)科学技術振興機構(JST)受託研究「シニョリン分子骨格を有する創薬リード探索用ライブラリの開発」(H22−H23) 予算:約800万円/年

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)受託研究「新機能抗体創製技術開発/高効率な抗体分離精製技術」(H18−H22) 予算:約2500万円/年

ページの先頭へ    
 

| グループトップ | グループ紹介 | 研究内容 | 研究成果 | アクセス | 問い合わせ |