ようこそニュートリズム検討会のホームページへ

   平成20年の国民健康・栄養調査結果によると、現代人の約5人に1人が睡眠に関する何らかの悩みを抱えているとされています。社会の24時間化に伴う生 体リズムの撹乱は、不眠症や不登校、出社困難などの睡眠障害や、うつ病などの精神疾患とも深い関わりがあり、交通事故をはじめとした大小様々な産業事故の 原因ともなっています。2006年には、睡眠障害による日本の経済的損失が、年間3兆5千億円であると試算されています。また、我が国における自殺者が 12年連続して3万人を超える状況の中で、約20%にあたる6千人がうつ病による自殺と報告されていますが、体内時計の乱れによって引き起こされる概日 (サーカディアン)リズム睡眠障害は、うつ病や神経症とも深い関係があることが知られています。その一方で、睡眠障害に用いられている抗うつ薬や精神安定 剤の投薬には、連用による依存性や副作用などの危険性も伴っていて、原因療法としての体内時計の積極的な操作法の開発が待ち望まれています。
  体内時計は、睡眠覚醒のみならず、血圧や体温、心拍数、免疫機能、ホルモン分泌、薬物代謝などの生理機能、さらには様々な疾患の発症や症状における日 内リズムを制御しています。最近では、投薬時刻によって、抗がん剤などの薬物の薬効や副作用が大きく異なってくることも明らかとなってきました。産総研で は、体内時計の制御分子である時計遺伝子の機能と糖・脂質代謝の間に相互作用が存在することを発見しその分子機構について研究を行ってきました。今後は、 時計遺伝子機能を調節する機能性食品の開発を進めてゆきたいと考えています。今年度の検討会では、食を中心とした生活習慣の改善による体内時計の積極的操 作を目指し、食を中心とした生活習慣と、体内時計、睡眠、ストレス、生活習慣病との関連について、社会的なニーズを意識しつつ、臨床的な観点から議論して ゆきたいと考えています。

What's New ?


最新情報1 


【第5回時間栄養科学研究会/第13回ニュートリズム検討会】第5回時間栄養科学研究会(共催:第13回ニュートリズム検討会)を2018年8月28日(火)に女子栄養大学坂戸キャンパスで開催いたします。
詳しくはこちら


最新情報2 


時間栄養学に関する、マルハニチロ株式会社との共同研究の成果を プレス発表しました。
『魚油による脂質代謝改善効果が摂取時刻によって異なることをマウスで発見 -DHAやEPAの摂取は朝が効果的-』
発表資料はこちらからご覧ください。

トピックスタイトル

2018.4.9
第5回時間栄養科学研究会/第13回ニュートリズム検討会のプログラムを追加
2016.11.1
時間栄養学に関する共同研究の成果をプレス発表しました。
2016.2.3
大石グループ長の講演『体内時計からみた食と健康』の様子がyoutubeで配信されました。こちらからご覧ください。
2015.10.26
第2回時間栄養科学研究会(共催:第10回ニュートリズム検討会)の報告をアップしました。
2015.4.9
第10回NutriRhythm検討会/第2回時間栄養科学研究会開催のご案内を発信しました。
2014.11.27
時間栄養科学研究会のご案内を発信しました。
2014.2.25
第9回ニュートリズム検討会のお礼
2014.2.13
第9回ニュートリズム検討会次第および要旨を順次アップしています。
2013.11.28
第9回ニュートリズム検討会の開催が決定しました。
2012.10.5
第8回ニュートリズム検討会の開催が決定しました。
2012.7.25
乳酸菌SBLー88に睡眠障害改善効果のある事を発見!
2012.5.30
日本睡眠学会第37回定期学術大会で産総研がシンポジウム発表
2012.3.21
農芸化学大会2012で産総研がシンポジウム発表
2010.3.7
産総研では特殊行動測定実験室がオープン!

特殊行動測定実験室とは

  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像
  • サンプル画像

  産総研つくばセンターに2012年3月 特殊行動測定実験室がオープンしました。 144台の日内行動測定測定装置をはじめ、明暗の照明制御装置、制限給餌装置、脳波測定、体温測定など様々な生理実験に対応できる実験室です。特徴はこちらから

お問い合わせ

NutriRhythm検討会

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門 生物時計研究グループ内

   305-8566 茨城県つくば市東1−1−1つくば中央第6  Tel&Fax 029-861-6053 
Mail:nutrirhythm-ml@aist.go.jp

このページのトップへ