独立行政法人産業技術総合研究所のホームページへ戻る
ナビゲーション部分スキップ サイトマップへ English
産総研ホーム
ニュース
研究紹介・成果
相談・手続き・問合せ
> 組織 > 研究部門 > バイオメディカル研究部門 > 更新情報・トピックス バックナンバー  ライフサイエンス分野
■バイオメディカル研究部門   


   


 
2013/01/09  <産総研Today掲載情報>産総研人のコーナーに蛋白質デザイン研究グループ 横田亜紀子が紹介されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2013/01/09 <プレスリリース>分子細胞育種研究グループの芝上基成主任研究員の研究成果「ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。
2013/01/09 <産総研Today掲載情報>産総研人のコーナーに蛋白質デザイン研究グループ 横田亜紀子が紹介されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。
2013/06/21   <プレスリリース>分子複合医薬研究グループ辻典子主任研究員の研究成果「乳酸菌に特有の抗炎症メカニズムを発見」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。
2013/06/07  <産総研Today掲載情報>リサーチホットラインのコーナーに生物時計研究グループ宮崎歴主任研究員の研究成果「ストレス性睡眠障害モデルマウスの開発」と分子細胞育種研究グループ芝上基成上級主任研究員の研究成果「ミドリムシプラスチックの開発」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2013/05/21  <研究成果紹介>分子細胞育種研究グループ 福田展雄研究員他の研究成果「酵母の品種改良を1万倍効率化」を掲載しました。詳しくは研究成果のページをご覧ください。 
2013/05/20  <プレスリリース>生物時計研究グループ大石勝隆GLの研究成果「小麦ポリフェノールの肥満抑制効果」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2013/05/01  <産総研Today掲載情報>テクノ・インフラのコーナーにバイオメジャー研究グループ関口勇地GLの研究成果「定量解析用核酸標準物質の開発」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2013/04/12  <論文成果>ナノバイオデバイス研究グループ 加藤大主任研究員他の論文成果「Carbon-based electrode materials for DNA enectroanalysis.」がAnalytical Sciences, Vol29, No.4 (2013年4月号)の"Hot articles award"に選ばれました。詳しくはAnalytical Sciences(外部HP)をご覧下さい。 
2013/04/08  <受賞>RNAプロセシング研究グループ 沼田倫征が平成25年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞を受賞しました。詳しくは受賞のページをご覧下さい。 
2013/04/02  <主な研究成果>石田直理雄上級主任研究員の研究成果「体内時計が肝臓の代謝を制御」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2013/01/09  <プレスリリース>分子細胞育種研究グループの芝上基成主任研究員の研究成果「ミドリムシを主原料とするバイオプラスチックを開発」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2013/01/09  <産総研Today掲載情報>産総研人のコーナーに蛋白質デザイン研究グループ 横田亜紀子が紹介されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2012/12/04   <産総研Today掲載情報>パテントインフォメーションのコーナーにシグナル分子研究グループ特許情報「国際公開番号WO2012/036259 毛の成長周期研究モデル動物」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2012/11/20  <受賞>シグナル分子研究グループ 今村亨GLが日本薬学会 学術貢献賞を受賞しました。詳しくは受賞のページをご覧下さい。 
2012/10/10  <イベント>12月20日(木)東京国際フォーラムで第8回ニュートリズム検討会を開催致します。詳しくはイベントのページをご覧ください。 
2012/09/04  <プレスリリース>シグナル分子研究グループの浅田眞弘主任研究員と今村亨GLの研究成果「高線量放射線被ばくによる障害の予防・治療に向けた新規細胞増殖因子」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2012/08/20  <プレスリリース(取材)>RNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLの研究成果が大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 物質構造科学研究所のトピックス(外部HP)に掲載されました。
2012年8月14日配信:「ウイルスゲノムRNAの複製に不可欠な分子機構を解明」 
詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2012/08/10  <主な研究成果>RNAプロセシング研究グループ富田耕造GLの研究成果「ウイルスRNA合成酵素によるRNA合成終結の分子機構を解明」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2012/07/27  <取材>近江谷克裕研究部門長が読売新聞の取材を受け、「ホタルイカの生態 「新説」 パッと発光目くらまし?」が7月26日読売新聞夕刊に掲載されました。 
2012/07/24  <プレスリリース>生物時計研究グループ大石勝隆GLの研究成果「乳酸菌にストレス性睡眠障害改善効果を発見」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2012/07/02  <産総研Today掲載情報>リサーチ・ホットラインに以下の研究成果が掲載されました。
・RNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLの研究成果「タンパク質合成因子の新たな役割を解明」
・シグナル分子研究グループ 今村亨GLの研究成果「発毛サイクルの「休止期」を維持する因子」
詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2012/06/15  <受賞>ナノバイオデバイス研究グループ 栗田僚二主任研究員が国際会議「The 4th International Symposium on Microchemistry and Microsystems(ISMM2012)」(台湾6/10〜6/13開催)でBest Paper Awardを受賞しました。詳しくは受賞のページをご覧下さい。 
2012/05/21  <受賞>セルメカニクス研究グループ 中村史GLが国際会議「Biosensors2012」(メキシコ5/16〜5/18開催)でBest Paper Awardを受賞しました。詳しくは受賞のページをご覧下さい。 
2012/04/16  <受賞>ナノバイオデバイス研究グループ 佐藤縁主任研究員が平成24年度第一回電気化学会女性躍進賞を受賞しました。詳しくは受賞のページをご覧下さい。 
2012/02/02  <プレスリリース(取材)>1月16日にプレスリリースしましたRNAプロセシング研究グループ富田耕造GLと竹下大二郎研究員の研究成果「タンパク質合成因子のRNA合成における新たな役割を解明−翻訳因子がRNA合成因子として働いていた可能性−」についての解説が大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構ののホームページ(外部HP)に掲載されました。
2012年2月17日:「ウイルスから学ぶ太古生命体のRNAワールド」 
詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2012/02/17  <プレスリリース>今村亨主幹研究員(シグナル分子研究グループGL兼務)の研究成果「発毛サイクルの「休止期」を維持する因子を発見-この因子を抑制すれば休止期が短くなり毛の成長が頻繁に-」が掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2012/01/18  <論文成果>ナノバイオデバイス研究グループ 栗田僚二主任研究員他の研究成果「An sp2 and sp3 Hybrid Nanocrystalline Carbon Film Electrode for Anodic Stripping Voltammetry and Its Application for Electrochemical Immunoassay」がAnalytical Sciences, Vol28, No.1(2012年1月号)の"Hot articles award"に選ばれました。詳しくはAnalytical Sciences(外部HP)をご覧下さい。 
2012/01/16  <プレスリリース>RNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLと竹下大二郎研究員の研究成果「タンパク質合成因子のRNA合成における新たな役割を解明−翻訳因子がRNA合成因子として働いていた可能性−」が掲載されました。こちらは(独)科学技術振興機構(JST)と共同発表されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2011/10/04  <産総研Today掲載情報>リサーチ・ホットラインのコーナーにRNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLの研究成果「RNA合成酵素の特異性を分子レベルで解明−鋳型を用いずにRNAを合成する酵素の開発に期待−」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2011/10/04  <受賞>丹羽修研究副部門長がJSPS(独立行政法人 日本学術振興会)科学研究費助成事業「模範となる審査意見を付した審査委員」として表彰されます。詳しくは受賞のページをご覧下さい。 
2011/07/08  <主な成果>今村亨主幹研究員とシグナル分子研究グループ鈴木理主任研究員の研究成果「生理的濃度のホルモンFGF19への応答には糖鎖が不可欠なことを発見」が産総研HPの“主な成果”に掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2011/07/04  <産総研Today掲載情報>リサーチ・ホットラインのコーナーに生物時計研究グループ 大西芳秋主任研究員の研究成果「睡眠障害改善に効果が期待されるハルミン」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2011/05/20  <論文成果>ナノバイオデバイス研究グループ 佐藤縁主任研究員他の研究成果「Bifunctional Tri (ethylene glycol) Alkanethiol Monolayer Modified Gold Electrode for On-Chip Electrochemical Immunoassay of pg Level Leptin」がAnalytical Sciences, Vol27, No.5(2011年5月号)の"Hot articles of this month"に選ばれました。又、表紙にもイラストが掲載されました。詳しくはAnalytical Sciences(外部HP)をご覧下さい。 
2011/05/09  <主な成果>RNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLの研究成果「ポリA配列をmRNAに付加するRNA合成酵素の特異性を分子レベルで解明」が産総研HPの“主な研究成果”に掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧下さい。 
2011/02/03  <産総研Today掲載情報>リサーチ・ホットラインのコーナーにRNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLの研究成果「RNA合成酵素と宿主翻訳因子の複合体の構造を解明−新たな抗ウイルス薬開発へ期待−」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2011/01/05  <産総研Today掲載情報>ナノバイオデバイス研究グループ 栗田僚二主任研究員の研究成果「表面濃縮型免疫測定法によるマイクロ分析デバイスの開発」と、ナノバイオデバイス研究グループ 佐藤縁主任研究員/バイオマテリアル研究グループ 田中睦生主任研究員の研究成果「分子認識ソフト界面の開発」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。  
2010/12/06  <イベント情報>平成23年2月2日開催「第7回NutrRhythm検討会〜健康モニタリングのための新規バイオマーカー開発をめざして〜」開催案内を掲載しました。参加者を募集中ですので詳しくはイベント情報のページをご覧ください。 
2010/12/02  <主な成果>石田直理雄上席研究員の研究成果「生物時計が決める恋愛のタイミング」が産総研HPの“主な成果”に掲載されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。  
2010/11/11  <受賞情報>構造生理研究グループ 佐藤主税GL、JEOLが開発した「大気圧顕微鏡」がアメリカの「R&D 100 Awards for 2010」(R&Dマガジン社主催の過去1年間に実用化された最も優秀な製品・技術を100件選出し表彰するもの)を受賞しました。詳しくは受賞のページをご覧ください。 
2010/11/04  <産総研Today掲載情報>パテントインフォメーションのコーナーにナノバイオデバイス研究グループ、バイオ界面研究グループの特許情報「特許第4258650号 金属と糖鎖を組み合わせて生体分子を検出−タンパク質の直接センシングやアフィニティセンサーの応答増大に寄与−」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2010/09/01  <プレスリリース(取材)>生物時計研究グループ 宮崎歴主任研究員の研究成果が科学技術振興機構(JST)のインターネットニュース番組「サイエンスニュース」(外部HP)に掲載されました。
2010年9月1日動画配信:「体内時計遺伝子が がん増殖を抑える」 
詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。尚、こちらの動画はサイエンスニュースの「最先端の科学技術情報」のコーナーに掲載されています。 
2010/08/24  <プレスリリース>RNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLの研究成果「ウイルスRNA合成酵素と宿主翻訳因子との複合体の構造を解明−新たな抗RNAウイルス薬開発へ期待−」がプレス発表されました。詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。尚、こちらのプレスリリースはJST(独立行政法人 科学技術振興機構)との共同発表です。JSTのプレスページ(外部HP)も合わせてご覧下さい。 
2010/08/03  <産総研Today掲載情報>生物時計研究グループ 宮崎歴主任研究員の研究成果「体内時計遺伝子がもつがん増殖を抑える力」が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。  
2010/06/07  <産総研HP主な研究成果>分子複合医薬研究グループ 山崎和彦主任研究員、健康維持機能物質開発研究グループ 森井尚之主任研究員の研究成果が掲載されました。(糖鎖医工学研究センターとの合同発表)詳しくはプレスリリースのページをご覧ください。 
2010/06/03  <産総研Today掲載情報>蛋白質デザイン研究グループ 広田潔憲主任研究員の論文、バイオメディカル研究部門の特許情報、新ユニット紹介コーナーの3件が掲載されました。詳しくは産総研Todayのページをご覧ください。 
2010/05/27  <出版情報>産総研学術誌「Synthesiology」にバイオメジャー研究グループ 野田尚宏研究員の論文が掲載されました。詳しくは出版情報のページをご覧ください。  
2010/05/11  <イベント情報>6月15日開催「第6回NutrRhythm検討会〜時間栄養学から睡眠研究への展開〜」開催案内を掲載しました。5月25日まで参加者を募集中ですので詳しくはイベント情報のページをご覧ください。 
2010/05/10  <受賞情報>RNAプロセシング研究グループ 富田耕造GLが「2010年文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)」を受賞いたしました。 詳細 
2010/05/06   5/1付けでバイオマテリアル研究グループが新設されました。  
2010/04/07   バイオメディカル研究部門ホームページ公開 
2010/04/01  バイオメディカル研究部門新設 


連絡先:
〒305-8566 茨城県つくば市東1−1−1 つくば中央第六事業所
産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門

 bmd-webmaster-ml@aist.go.jp
 
Copyright (C) Biomedical Research Institute. All rights researved.
| 産総研ホーム | ニュース | 研究紹介・成果 | 相談・手続き・問合せ |
ご利用条件  |  個人情報保護  |  関連リンク ©2001-2014 産総研