本文へスキップ

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エレクトロニクス・製造領域 先進コーティング技術研究センター

-

センター概要COMPANY

ミッション

AD(エアロゾルデポジション)法や、光MOD(金属有機化合物分解)法、LIJ(レーザー援用インクジェット)法などの 産総研が世界を先導するポテンシャルを有する先進コーティング技術を核に、 産総研の基礎研究ポテンシャルを活かした材料開発と成膜メカニズム解明に基づくプロセスの高度化、 それを基にした多事業分野での民間企業への橋渡しを実現する。


H27年度ユニット重点化方針

現在、数多くの事業分野の企業から橋渡しの相談を求められているAD法、光MODを中心に、従来工法とのベンチマークを基に、プロセス技術、原料ソース材料の改良改善を進めるとともに、 企業側から見た橋渡しリスク低減を目的に、量産化に繋がる基礎研究、基礎技術や実証技術に関する研究開発を行う。


研究体制

研究体制図

構成メンバー

センター長
明渡 純
副センター長
土屋 哲男
総括研究主幹
相馬 貢
研究支援
池田 俊哉(第五研究業務推進室)

微粒子スプレーコーティング研究チーム

チーム長
明渡 純(兼務)
メンバー
篠田 健太郎(つくば東地区)
メンバー
鈴木 雅人(つくば西地区)
メンバー
青栁 倫太郎

光反応コーティング研究チーム

チーム長
真部 高明
メンバー
中村 挙子
メンバー
木嶋 倫人
メンバー
松井 浩明

エネルギー応用材料研究チーム

チーム長
秋本 順二
メンバー
永井 秀明
メンバー
間宮 幹人
メンバー
片岡 邦光

グリーンデバイス材料研究チーム

チーム長
土屋 哲男(兼務)
メンバー
山口 巖
メンバー
鈴木 宗泰
メンバー
中島 智彦

職員数

常勤職員
17名
契約職員
27名(招聘研究員5、技術専門職1、テクニカルスタッフ21)
ポスドク
4名
リサーチアシスタント
2名

2017.8.14 現在

バナースペース

研究チーム

国立研究開発法人
産業技術総合研究所
エレクトロニクス・製造領域
先進コーティング技術研究センター

〒305-8565
茨城県つくば市東1-1-1 中央第5

E-mail:
act-webmaster-ml[a]aist.go.jp
※[a]は半角@に置換して下さい