製造技術研究部門

現在位置組織 > 製造技術研究部門  > 研究グループ紹介 > 総括研究主幹

総括研究主幹

手塚 明    →個人HPへ 

 
顧客価値の高い製品・システムの開発を可能にするために、複数業種の製造民間企業における共通問題を抽出し、デライト設計の質向上を実現する上流設計マネジメント環境構築に関わる研究開発を行っています。

岡根 利光

3Dプリンターの量産適用を目指して、大型・高速3D積層造形技術の開発を行っています。複雑な鋳造用の鋳型の製造を実現して自動車、建設機械、航空機など、部材の高性能化を実現します。

澤田 浩之

生産管理や在庫・物流管理等、企業の業務プロセスの情報化を推進するため、ITシステム構築ツールMZ Platformの開発およびその導入のための研修やコンサルティングを行っています。また、MZ Platformをベースに、IoTシステムの導入とそのカスタマイズを行うためのツール群として、スマート製造ツールキットの研究開発を進めています。

徐 超男     →個人HPへ

応力発光センサとそれを活用した構造物診断技術を中心に基礎研究から応用研究までの本格研究を行っています。内閣府SIP(インフラ維持管理・更新マネジメント技術)応力発光による状態可視化に取り組んでいます。「応力発光技術」とは、圧縮、引張り等の機械的外力により発光する応力発光体の開発を中心とする一連の技術であり、現象の機構解明、材料開発から製造技術、デバイス化技術、システム化技術、そして各種現場計測を始め、環境・エネルギーなどへの利用と大きな拡がりを有しています。