製造技術研究部門

現在位置組織 > 製造技術研究部門  > 研究グループ紹介 > 数理デザイン研究グループ

数理デザイン研究グループ

持続可能な次世代ものづくり及びことづくりを実現するために、設計工学と計算工学を基盤として、社会シナリオや製品ライフサイクルの統合モデリング技術とシミュレーション技術を研究しています。主な対象としては、環境配慮型設計(エコデザイン)、製品リマニュファクチャリング、製品ライフサイクルシミュレーション、製品サービスシステム、生産システムのモデル化、動静脈連携リサイクル、持続可能性指標、アジアの持続可能な消費と生産について、企業との連携、産学官プロジェクト、国際連携を通じて推進しています。製造技術や情報技術の革新に伴う、新たな設計と製造のあり方の提案を目標としています。

チームの研究課題

グループの構成メンバー

グループ長 増井 慶次郎(Keijiro MASUI)
主任研究員 往岸 達也(Tatsuya OUGISHI)
主任研究員 近藤 伸亮(Shinsuke KONDO)
主任研究員 松本 光崇(Mitsutaka MATSUMOTO)
グループ付 澤田 有弘(Tomohiro SAWADA)
グループ付 本 仁志(Hitoshi KOHMOTO)