製造技術研究部門

現在位置組織 > 製造技術研究部門  > 研究グループ紹介

研究グループ紹介

製造技術研究部門部門は、我が国の産業基盤としての製造業の持続発展・強化のため、材料・加工プロセス・設計・計測評価を一体とした研究開発に取り組んでいます。素材・材料に合わせた加工プロセスの最適化や複合化技術、機能設計や加工工程を含む設計情報技術、プロセスやプロダクトのその場計測・評価技術と設計や加工へのフィードバック等、基礎的知見の集約から技術の統合・融合まで、製造技術の高度化に資する研究開発に取り組み、産業界へ新しいものづくりのコンセプトを提案、実証します。また、地域産業の活性化を念頭においた公設研や地域企業の技術と当部門の技術やアイデアを結び付けた新たな製造ネットワークの構築と連携拠点の形成を推進します。

総括研究主幹

手塚 明(つくば)
顧客価値の高い製品・システムの開発を可能にするために、複数業種の製造民間企業における共通問題を抽出し、デライト設計の質向上を実現する上流設計マネジメント環境構築に関わる研究開発を関連研究者及び関係企業と協力して行っています。
研究テーマ
超上流設計マネージメント/環境構築
岡根 利光(つくば)
3Dプリンターの量産適用を目指して、大型・高速3D積層造形技術の開発を行っています。複雑な鋳造用の鋳型の製造を実現して自動車、建設機械、航空機など、部材の高性能化を実現します。
研究テーマ
高速3D積層造形技術の開発
澤田 浩之(つくば)
生産管理や在庫・物流管理等、企業の業務プロセスの情報化を推進するため、ITシステム構築ツールMZ Platformの開発およびその導入のための研修やコンサルティングを行っています。また、MZ Platformをベースに、IoTシステムの導入とそのカスタマイズを行うためのツール群として、スマート製造ツールキットの研究開発を進めています。
研究テーマ
MZ Platformとスマート製造
徐 超男(九州)
応力発光センサと、それを活用した構造物診断技術を中心に基礎研究から応用研究までの本格研究を行っています。現象の機構解明から、材料開発、デバイス化、システム化、標準化、そして各種現場計測を始め、環境・エネルギーなどへの利用と大きな拡がりを有しています。応力発光技術コンソーシアムを活用した異分野連携を行っています。
研究テーマ
応力発光技術



素形材加工研究グループ

グループ長 中野 禅
鋳造・板成形・積層造形を中心に、より高機能な製品の実現を目指した加工技術について、材料とプロセスそして利用方法までを統合的に考えた物作り技術を進めて行きます。
研究テーマ

積層加工システム研究グループ

グループ長 廣瀬 伸吾
3D積層造形やコーティング処理による付加加工を行い、製造技術の高度化や次世代の構造体の作製に関わる研究開発を行っています。3D積層造形ならではの異種材ヘテロ構造の創製や、次世代DED積層造形法の開発、品質の安定化につながるモニタリング技術の開発、豊富なデータ事例に基づいた各種付加加工のデータベースの開発など、表面処理技術の進展に寄与することを目指しています。
研究テーマ

機械加工情報研究グループ

グループ長 澤田 浩之
加工工程のセンシング・データ解析によって加工機や工具、被削材の状態を把握し、それに基づいて工程や品質の管理・制御を行うことが目標です。切削情報の統合モニタリング装置、信号解析による状態把握、3軸回転駆動を実現する球面モータ、「マイクロファクトリ」を基本コンセプトとしたマイクロ加工、そしてそれらを連携させるITネットワークの研究開発を進めています。
研究テーマ

モデルベース設計製造研究グループ

グループ長 近藤 伸亮
持続可能な次世代ものづくり及びことづくりを実現するために、設計工学と計算工学を基盤として、社会システムから製造現場の作業に至るまで、設計製造に係るモデリング技術を研究しています。主な研究対象としては、多系統のシステムから構成される大規模システムや、多面的な評価が必要とされる環境配慮設計(エコデザイン)の分野における諸問題を扱います。製造技術や情報技術の革新に伴う、新たな設計と製造のあり方の提案を目標としています。
研究テーマ

トライボロジー研究グループ

グループ長 大花 継頼
ミクロからマクロまでのトライボロジー現象の解明とプラットフォームとしてのトライボロジー技術を通じて,省エネルギーや地球環境保護を実現する技術の確立を目指しています。
研究テーマ
   

表面機能デザイン研究グループ

グループ長 三宅 晃司
表面という場を利用した材料の高機能化を目指した研究を行っています。「表面修飾」、「表面構造作成(加工)」が一体となって取り組むことのできる体制を構築し、基礎現象解明のための「評価技術の高度化」と併せ、表面創製技術の確立に取り組んでいます。
研究テーマ
       

構造・加工信頼性研究グループ

グループ長 原田 祥久
輸送機器、産業機器等の構造部材、加工部材の安全・信頼性を確保するために、その耐久性評価を行い、その劣化損傷メカニズムの解明を行っています。また、様々な材料系の劣化損傷に対応できるようサーモグラフィ、漏洩磁束、超音波等の非破壊評価技術の開発を行っています。さらに、それらの知見に基づいた寿命・余寿命評価技術の開発に取り組んでいます。
研究テーマ
   

センサシステム技術研究グループ

グループ長 田原 竜夫
半導体製造、機械加工、素材関連など幅広い分野を対象に、大きなコストをかけずに製造技術の質の向上を目指すセンサシステム技術の開発に取り組んでいます。従来見落とされてきたプロセス異常やその兆候となる事象の発生を検知・診断するために、圧電センサや解析技術の研究を進め、実環境での評価実証に努めています。センサ等の少量生産に対応するための小型プラズマ源の研究にも取り組んでいます。
研究テーマ
   

センシング材料研究グループ

グループ長 山田 浩志
「オンリーワンのセンサ材料」を目指して、「材料の探索」、「センサ素子の開発」、「評価・解析技術の開発」に取り組んでいます。これまでに過酷環境用センサや情報通信機器用の圧電材料や生体センシングに適したフレキシブル圧電シート、紫外線を記録できる無機フォトクロミック材料を開発してきました。一方で、デバイスの新しい非破壊検査法を提案したり、三元系以上の複雑な材料の熱力学状態を高精度で予測するソフトウェアの開発を行っています。
研究テーマ
   

トリリオンセンサ研究グループ

グループ長 寺崎 正
非連続的に膨大なセンサ・プローブ(トリリオン:一兆個)の利用技術の確立に向けたセンサ・プローブ設計・自立電源、同期、画像計測・解析、高次情報の解析技術などの開発を行います。「見えないものを可視化」の観点から、「無意識による損失」の無い「潤沢な社会」に貢献します。
研究テーマ
   

生物化学プロセス研究グループ

グループ長 山下 健一
マイクロ化学、ナノ科学技術を用いて、生産現場での計測技術開発や生産プロセスの強化など についての研究を行っています。特に食品、農産物、医療関連の計測デバイスの開発を企業や大学と連携して進めています。
研究テーマ