製造技術研究部門

現在位置組織 > 製造技術研究部門  > 研究成果 > 口頭発表

取材対応

製造技術研究部門が、テレビや新聞、雑誌等の取材で発表した成果の一覧です。

取材対応 2019月

掲載日 2019年1月29日(火)
掲載媒体 産総研LINK 2019.1 No.22
成果元 岡根利光(総括研究主幹)
小岩井修二(株式会社コイワイ 専務取締役)
大場好一(シーメット株式会社 取締役開発部部長)
永井康弘(群栄化学工業株式会社 開発本部商品技術部長)

取材対応 2018

掲載日 2018年6月5日(火)
掲載媒体 日本経済新聞電子版 ⇒記事へ
タイトル 医療機器向けマグネシウム合金部材の成形技術を開発、素材作製から加工までの一貫製造・供給体制を構築
成果元 花田幸太郎(素形材加工研究グループ)
掲載日 2018年5月1日(火)
掲載媒体 素形材通信、1面
タイトル 医療分野におけるマグネシウム合金の応用
取材内容 日本塑性加工学会東関支部第53回技術懇談会(4月20日)で講演した内容が掲載されました。
成果元 花田幸太郎(素形材加工研究グループ)
掲載日 2018年3月16日(金)
掲載媒体 日刊工業新聞 第2部 工作機械産業 12、13ページ
タイトル 三次元立体形状を成形する3Dスピニング技術の紹介
成果元 荒井裕彦(素形材加工研究グループ)

取材対応 2017

掲載日 2017年9月14日(木)
掲載媒体 日刊工業新聞社 25面
タイトル 鋼材の焼入れ深さ検査装置のためのLaplace方程式解析アルゴリズムを開発
成果元 電子磁気工業株式会社、笹本明(機能・加工信頼性研究グループ)
掲載日 2017年1月31日(火)
掲載媒体 産総研LINK 2017/1月号 pp. 8〜13
取材内容 デジタル成形プロセス研究グループと株式会社名取製作所とが共同研究で開発したスポーツ義足用アダプターを用いて山本篤選手がリオパラリンピックで銀メダルを取りました。 山本篤選手と岡根グループ長, 本山研究員との対談を通してアダプターの開発経緯が紹介されています。
成果元 株式会社名取製作所、岡根利光(デジタル成形プロセス研究グループ)、本山 雄一(デジタル成形プロセス研究グループ)


取材対応 2016

掲載日 2016年9月7日(水)
タイトル 応力発光検査システムの開発ー島津製作所が共同研究の成果を発表
取材機関 日経産業新聞 13面
成果元 島津製作所、徐超男(総括研究主幹)