製造技術研究部門

現在位置組織 > 製造技術研究部門  > イベント・講演会 > JASIS2016コンファレンス

「製造インフラ診断 −ネットでつなぐ分析システム−」

産業技術総合研究所 製造技術研究部門は、 9月7日(水)〜9日(金)に幕張メッセ国際会議場で開催される
 JASIS2016   (分析展2016(第54回) / 科学機器展2016(第39回)) におきまして、
産総研エレクトロニクス・製造領域セミナー「IoTのためのセンサ要素技術とネットワーク技術」と「インフラ診断のための検査技術」に参加いたします。 


産業技術総合研究所エレクトロニクス・製造領域では、世界トップ性能のエレクトロニクスや革新的製造・センシング技術の研究開発を通じて、「ものづくり」の流れをリードし、わが国の産業競争力強化に貢献することを目指しています。本セミナーでは、「IoTのために必要なセンサ要素技術とネットワーク技術」(午前)と「インフラ診断に適応できる検査技術」(午後)をテーマとして、産総研の最新の研究を紹介します。

開催期間 平成 27 年度 09 月 08 日(木) 10:00〜17:05
開催会場 幕張メッセ国際会議場105会議室
事前登録 不要 (JASIS入場事前登録は必要です。)
主催 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エレクトロニクス・製造領域
詳細 JASIS2016コンファレンス
問い合わせ先 菊永(国立研究開発法人産業技術総合研究所)  rp-eleman-ml@aist.go.jp



プログラム
(午前の部)「IoTのためのセンサ要素技術とネットワーク技術」
10:00〜10:05 開会挨拶
         金丸 正剛 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エレクトロニクス・製造領域 領域長 )
10:05〜10:30 印刷技術で製造可能なフレキシブル熱電変換素子
           末森 浩司 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員 )
10:30〜10:55 家畜生産現場で用いるためのホルモンセンサ
           岩崎 渉 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究員 )
10:55〜11:20 薄型AEセンサとタグチメソッドの利用によるワイヤボンディングの接合状態推定
           石田 秀一 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究員 )
11:20〜11:45 低消費電力無線センシング技術
              岡田 浩尚 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員 )
11:45〜12:10 無線センサによる電力見える化ネットワーク技術
           鈴木 章夫 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員 )
12:10〜14:30 休憩
(午後の部)「インフラ診断のための検査技術」
14:30〜14:55 過酷環境下用AlN圧電センサ
           田原 竜夫 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 グループ長 )
14:55〜15:20 鉛フリー圧電センサ技術
           王 瑞平 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員 )
15:20〜15:45 CFRP加工部材の損傷評価技術
         原田 祥久 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 グループ長 )
15:45〜16:10 近赤外線によるコンクリート劣化診断
         古川 祐光 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 主任研究員 )
16:10〜16:35 道路インフラの状態を常時モニタリングするセンサアレイシートの開発
         山下 崇博 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究員 )
16:35〜17:00 新しい応力発光体を利用したインフラ検査技術
         徐 超男 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 総括研究主幹 )
17:00〜17:05 閉会挨拶
         原市 聡 ( 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 エレクトロニクス・製造領域研究戦略部 研究戦略部長 )